【新車】ヤマハ、エレクトリックコミューター「e-Vino」を台湾で新発売

ヤマハ発動機は、実用性能と車両価格をバランスさせたエレクトリックコミューターの新製品「E-VINO(イービーノ)」を2014年12月から台湾で発売する。製造および台湾での販売は、ヤマハモーター台湾が行う。2015年には日本仕様の導入も予定している。

以下プレスリリースより

「E-VINO」は、新開発モーターと新型50Vリチウムイオンバッテリーを搭載。一充電当たりの走行距離30.1km(30km/h定地)※を確保しながら、登坂時など加速が必要な場面で力を発揮するブースト機能を装備するなど、エコと走りの良さを両立しています。

バッテリーは着脱式とし、メーターでのバッテリー残量をデジタル数字と目盛の両方できめ細かく表示しバッテリー切れへの不安を低減するとともに、シート下の収納には別売りの予備バッテリーを積載するスペースを設けるなど、実用性を向上させました。

また、日本市場で好評の50ccスクーター「ビーノ モルフェ」を車体のベースとすることで、近距離移動の手頃なコミューターとして必要な機能を備えながら、ガソリン車同等の車両価格帯を実現しています。

台湾の二輪車市場規模は年間約70万台(2013年/当社調べ)、うち50ccクラスは約1万台で、その約7割を電動二輪車が占めています。主に会社員と主婦層がそのユーザーであり、今回は近距離のコミューティングで電動二輪車を使用する主婦層を主なターゲットとしています。 なお、2015年には日本仕様の導入も予定しています。

※標準モード、乗車重量55kg、バッテリー新品、気温25°C、乾燥路面、無風

■名称
「E-VINO」

■発売日
2014年12月

■メーカー希望小売価格
58,500元(登録代金含む)

■販売計画
2,000台(発売から1年間)

▼E-VINO-PINK




▼E-VINO-WHITE




関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る