[REPSOL]MotoGP バレンシアテスト マルケスとペドロサがトップで最終テストを終了

前日は雨でほとんどテストにならなかったが、今日はバレンシアに陽射しが戻った。トラックは乾ききり、ライダー達は現地時間12時ごろにサーキットに出て、レプソル・ホンダのマルク・マルケスとダニ・ペドロサは忙しいテストスケジュールをこなした。

マルケスは2015年用プロトタイプ(ブルーノテスト以来)のアップデータ版でスタートし、HRCのエンジニアにとってひじょうに価値のあるテストをこなした。マルケスはフロントエンドのシャシーを含むいくつかのポイントに対して前向きな報告をしたが、エンジンブレーキとコーナー出口とシャシーの後ろ側がまだ改善の余地があると報告した。彼のファステストラップは68周回の58周目に出した1`30.973(土曜日のロッシのトップタイムより0.130遅れ)で、最終日のファステストを記録した。

ペドロサは月曜日の新しいマシンで何周か周回し、今日はテストプログラムを続け、ホンダエンジンがさらにパワフルになったとコメントした。彼は2015年版RC213Vは3月の終わりにあるカタールGPが始まる前にいくつか改善が必要だと打ち明けた。彼のタイムは2015年版プロトタイプにより1`31.119(57周回の23周目)。チームメイトのマルケスの後ろ2番手を記録した。

これが11月末にウインターテストが禁止される前の最後のモトGPテストになる。次回マルケスとペドロサがトラックに出るのは、2015年2月に行われるマレーシアになる予定。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る