ブランディング

つい先日、MVアグスタとメルセデスベンツのハイパフォーマンスブランド「AMG」との間で、資本提携を結んだというニュースが話題になりました。共にハイエンド製品を所有する両社はこのパートナーシップにより、マーケティングと販売について協業していくとのことです。

両ブランドは完璧な相性を持っていて、デザイン、ハイパフォーマンス、洗練さにおいて他を圧倒し、補完することができる関係にある、とMVアグスタのCEOもコメントしています。

プレミアムブランド同士のカップリングといえば、一昨年前にドゥカティとアウディの間でもすでに成立されています。イタリアンバイクとドイツ車は、相性がいいのでしょうか。ラテン的情熱とゲルマン的哲学の融合などと単純なものではないでしょうが、そういう極端なアングルで切り取ってみるのも楽しいものです。

でもたしか以前、ドゥカティは「AMG」との間で、共同マーケティング活動を目的とするパートナーシップ契約を結んでいて、ディアベルのAMG 特別仕様なども発売していましたよね。そう考えると、実はけっこう浮気も日常茶飯事のようです(笑)。

ドイツ高級車ブランド御三家のひとつ、BMWは自前で2輪も4輪も作っているので、恋のさや当ての心配などしなくていいので楽ですね。その意味では日本のホンダやスズキもそうですが、こうした強力なライバル達と伍して、世界の中でブランド力を高めていくことは容易ではないようです。
ともあれ、ブランディングの時代と言われる今、パートナー探しも大変ですよね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

◆関連ニュース
MVアグスタとメルセデスAMGが長期パートナーシップで合意

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る