MotoGP LCR・ホンダ、最高峰クラス初の2台体制で始動

1996年に自らチームを立ち上げて、10年後の2006年にホンダのサテライトチームとして最高峰クラスへの挑戦を始めたルーチョ・チェッキネッロが、参戦20年目の2015年に向けて、悲願の2台体制を結成。クラッチローがファクトリーマシン、ミラーがオープンオプションマシンでテストを開始した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る