MotoGP LCR・ホンダ、最高峰クラス初の2台体制で始動

1996年に自らチームを立ち上げて、10年後の2006年にホンダのサテライトチームとして最高峰クラスへの挑戦を始めたルーチョ・チェッキネッロが、参戦20年目の2015年に向けて、悲願の2台体制を結成。クラッチローがファクトリーマシン、ミラーがオープンオプションマシンでテストを開始した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲中上貴晶選手とLCR Honda IDEMITSUカラーのRC213V-S 鈴鹿サーキット…
  2. 仲間や家族で楽しめる195区画のグループシート ツインリンクもてぎに、グループ観戦専用の新…
  3. 現役ライダーも多数出演 2018年4月28日(土)に鈴鹿サーキットで開催される恒例イベント…
  4. 【原付二種スクーター徹底比較!】ディテール&試乗インプレッション 「普段は電車で通勤し…
ページ上部へ戻る