個性的で楽しい「メーカーズカスタム」ブームの予兆!

最近、カスタムがちょっとしたブームである。カスタムというのは簡単に言えば「改造」である。とはいえ、昔の爆音系や走りの性能を追求したチューニング系とは異なり、よりデザインやスタイルを優先したものへと主流は移っているようだ。

カスタムバイクは今までは専門ショップや個人がそれぞれの趣向を凝らして自分好みの一台に仕上げるパターンが一般的であったが、近年においてはメーカー主導による本格的なカスタムが目立つようになってきた。価値観やライフスタイルの多様化により、バイクひとつとっても、乗る人それぞれの様々な楽しみ方や、個性を表現する手段があってもいいのでは、という風潮がこのブームを下支えしているようだ。そして、これは世界的な流れでもある。

近頃、リリースされた“メーカーズカスタム”に関するニュースをピックアップしたい。

■BMW Motorradが展開する「BMW R nineTカスタム・プロジェクト」のカスタム車両が完成

BMWでは、新型ロードスター・モデル「BMW R nineT(アール・ナインティ)」の発売に伴い、日本を代表する4人のカスタム・ビルダーが個性あふれるカスタム・マシンへと仕上げるプロジェクト「BMW R nineTカスタム・プロジェクト」を展開。すでにカスタム車両は完成しホームページでも公開されている。

このプロジェクトは、BMW Motorradが持つライフスタイル・ブランドとしての新しい可能性を提案することに主眼を置き、カスタムされたBMW R nineTを通じて幅広いユーザーに認知させ、世界のカスタムシーンにおいてトップレベルと言われる日本から世界へ発信するプロジェクトとなっている。

作品を見れば、BMWを素材にここまで料理できるのか、と驚くはず。日本が誇る匠の技をとくとご覧いただきたい。

■トライアンフがカスタムプロジェクト「Triumph Custom build off」の車両を発表

トライアンフでも2014年初から、本社工場で二つのチームが究極のボンネビルをカスタムメイドするプロジェクト「Triumph Custom build off」をスタートさせていたが、今回2台のカスタム車両が完成し先日のミラノショーで発表となった。

「#1:The Bobber」は伝統に最新のカスタムデザインを組み合わせたデザインで、ボバーカスタムにV8エンジンを搭載したチョッパースタイルのピックアップトラックのイメージを重ね合わせた斬新なデザインが特徴。通常のバイクとは吸気と排気が逆の後方排気レイアウトとなっている。もう一台の「#2:The Scrambler」は軽量化とパワーアップを図り、最低限の装備でアグレッシブなスタイリングを実現。最新モトクロッサーのようなジオメトリーとサスペンションストロークを手に入れた本格派スクランブラ—だ。

この2台はトライアンフのウェブサイトで公開され、その写真のFacebookでのシェア件数が多いチームが勝利するという、興味深い方法でのプロモーションを展開している。

■ドゥカティ スクランブラーがEICMA 2014で「Most Beautiful Bike of Show」に選出

ドゥカティのニューモデル、「スクランブラー」が、2014 EICMA(ミラノショー)で、もっとも美しいバイクに選出された。この人気投票はイタリアの『Motociclismo』誌の主催で毎年行われているもので、今回は1万人以上が投票しスクランブラーはその内の43%もの票を獲得し、2位のバイクの約3倍もの票を集め、大差で1位に輝いた。

スクランブラーは、あらゆる年代や世代を超えてバイクに乗る楽しさを具現化し、ライダーの自由な表現や想像力をかき立てる存在として、ドゥカティの新たなブランドとしての位置付けを与えられたモデル。誰でも手に入る量産市販モデルではあるが、170kgにそぎ落とされた乾燥重量、低回転域から豊かなトルクを発生する空冷L型2気筒エンジン、 790mmのローシートとワイドバーによる快適でリラックスできるライポジを実現。まさに70年代風を再現した、メーカーズカスタムといっていい仕様となっている。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る