[SUZUKI]GSX-RR、最終戦バレンシアでMotoGP復帰への一歩を踏み出す

2014年の最終戦MotoGPクラス決勝が、スペイン・バレンシアサーキットで11月9日に行われた。このレースにスズキは、来季から本格復帰するファクトリーマシンGSX-RRをスポット参戦させ、実戦の中で現状の力を確認することとした。

小雨がぱらつく曇り空の下、決勝レースは行われた。不安定なコンディションはライダーにとって難しい状況を作り、いつも以上の繊細なマシン操作と高い集中力を要求することとなった。

チーム・スズキは活動を休止した2011年以来のMotoGPマシン参戦となる。ライダーは、ここまでマシン開発を担うライダーの一人として活躍してきたランディ・ドゥ・プニエ。前日に行われた予選では20位に付け、決勝ではポイント獲得のために一つでも前の順位獲得をねらった。しかしマシンのマイナートラブルにより、18周を残してレースをリタイヤすることとなった。

チームはバレンシアサーキットに到着後、マシンのセットアップや、ここまでテストしてきた様々な事柄を実戦の中のデータで比較検討しながら、さらなるポテンシャルアップのためにハードワークを続けた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る