[SUZUKI]GSX-RR、最終戦バレンシアでMotoGP復帰への一歩を踏み出す

2014年の最終戦MotoGPクラス決勝が、スペイン・バレンシアサーキットで11月9日に行われた。このレースにスズキは、来季から本格復帰するファクトリーマシンGSX-RRをスポット参戦させ、実戦の中で現状の力を確認することとした。

小雨がぱらつく曇り空の下、決勝レースは行われた。不安定なコンディションはライダーにとって難しい状況を作り、いつも以上の繊細なマシン操作と高い集中力を要求することとなった。

チーム・スズキは活動を休止した2011年以来のMotoGPマシン参戦となる。ライダーは、ここまでマシン開発を担うライダーの一人として活躍してきたランディ・ドゥ・プニエ。前日に行われた予選では20位に付け、決勝ではポイント獲得のために一つでも前の順位獲得をねらった。しかしマシンのマイナートラブルにより、18周を残してレースをリタイヤすることとなった。

チームはバレンシアサーキットに到着後、マシンのセットアップや、ここまでテストしてきた様々な事柄を実戦の中のデータで比較検討しながら、さらなるポテンシャルアップのためにハードワークを続けた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る