MotoGp D.ペトルッチ、転倒も飛躍を予感させる快走の1番時計

フル参戦3年目はテスト不足と手首骨折により、厳しいシーズンを過ごしたペトルッチだったが、3年間所属したイオダレーシングから新天地のプラマック・レーシングに移籍すると、ウェットとなった2日目に1番時計を記録して、会心の笑みを見せた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る