MotoGp D.ペトルッチ、転倒も飛躍を予感させる快走の1番時計

フル参戦3年目はテスト不足と手首骨折により、厳しいシーズンを過ごしたペトルッチだったが、3年間所属したイオダレーシングから新天地のプラマック・レーシングに移籍すると、ウェットとなった2日目に1番時計を記録して、会心の笑みを見せた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る