MotoGp D.ペトルッチ、転倒も飛躍を予感させる快走の1番時計

フル参戦3年目はテスト不足と手首骨折により、厳しいシーズンを過ごしたペトルッチだったが、3年間所属したイオダレーシングから新天地のプラマック・レーシングに移籍すると、ウェットとなった2日目に1番時計を記録して、会心の笑みを見せた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
  2. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  3. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  4. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
ページ上部へ戻る