[DUNLOP]MotoGPJRR Rd.8 JSB1000 雨の中、加賀山選手が今季2勝目をあげてシーズンを締めくくる

最終戦MFJグランプリは、雨の中で開幕した。Team KAGAYAMAの加賀山就臣選手(SUZUKI)は、目下ランキング6位。今回は2レースあり、それぞれのレースに通常よりも3点多く加算されるだけに、ランキング争いは混戦になっている。

土曜日の予選はヘビーレインの中で、ノックアウト方式で行われた。今回は、Q1の結果でレース1のスターティンググリッドに並ぶ。Q1では加賀山選手2位、藤田拓哉選手(YAMAHA)3位で共にフロントローをゲットした。

「今回はドライでもウェットでも、今年一番攻められる感じになっている。他のクラスでダンロップのレインタイヤの性能を生かして、ダンロップユーザーがポールポジションを獲得している。僕もポールを狙っていたが残念ながらできなかった」と加賀山選手。

また、出口修選手(KAWASAKI)は10位、今野由寛選手(SUZUKI)は11位、中冨伸一選手(YAMAHA)は13位につけた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  2. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  3. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
  4. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
ページ上部へ戻る