[REPSOL]MotoGP Rd.18 マルケスが勝利と新記録でシーズンを締めくくる

マルク・マルケスが記録を破る活躍をし、バレンシアGPで2014年シーズンは予定通り終了になった。モトGPのタイトルを獲得した後、マルケスは今回も勝利を勝ち取った。

これで、1997年の単独シーズンでの勝利数でミック・ドゥーハンの記録を打ち破った。チームメイトのダニ・ペドロサもまた3位になり、レプソル・ホンダチームはチームタイトルも獲得した。

スタートからアンドレア・イアンノーネとバレンティーノ・ロッシが主導権を握った。マルク・マルケスは3位、ダニ・ペドロサは4位だった。ホルヘ・ロレンソがオープニングラップの終わりにはペドロサをパスしたが、ペドロサは次の周回で順位を回復した。それからカル・クラッチローがペドロサを4位に追いやったが、3周後に再び順位を回復した。

前方では、マルク・マルケスが10周目にロッシをパス、11周目にイアンノーネをパスした。時間を使わずにペドロサはイアンノーネをパスし、ロッシのすぐ後ろについたが、0.2秒まで迫った時に雨が降り、確実に3位にとどまることにした。

この結果、ダニ・ペドロサとマルク・マルケスは歴史的シーズンを終えた。レプソル・ホンダチームは、個人、チーム、コンストラクターズのタイトルを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る