[REPSOL]MotoGP Rd.18 マルケスが勝利と新記録でシーズンを締めくくる

マルク・マルケスが記録を破る活躍をし、バレンシアGPで2014年シーズンは予定通り終了になった。モトGPのタイトルを獲得した後、マルケスは今回も勝利を勝ち取った。

これで、1997年の単独シーズンでの勝利数でミック・ドゥーハンの記録を打ち破った。チームメイトのダニ・ペドロサもまた3位になり、レプソル・ホンダチームはチームタイトルも獲得した。

スタートからアンドレア・イアンノーネとバレンティーノ・ロッシが主導権を握った。マルク・マルケスは3位、ダニ・ペドロサは4位だった。ホルヘ・ロレンソがオープニングラップの終わりにはペドロサをパスしたが、ペドロサは次の周回で順位を回復した。それからカル・クラッチローがペドロサを4位に追いやったが、3周後に再び順位を回復した。

前方では、マルク・マルケスが10周目にロッシをパス、11周目にイアンノーネをパスした。時間を使わずにペドロサはイアンノーネをパスし、ロッシのすぐ後ろについたが、0.2秒まで迫った時に雨が降り、確実に3位にとどまることにした。

この結果、ダニ・ペドロサとマルク・マルケスは歴史的シーズンを終えた。レプソル・ホンダチームは、個人、チーム、コンストラクターズのタイトルを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る