【新車】ヤマハ、「BW`S YW50F」をマイナーチェンジして12月5日より発売開始

ヤマハ発動機は、2灯式ヘッドライトやファットタイヤなどを採用した50ccスクーター、「BW`S」のカラーリング及びグラフィックを変更した2015年モデルを2014年12月5日より発売する。 2015年モデルは“タフ&コンパクトSUV”をコンセプトに、タフなストリート感を演出するカラー&グラフィックとした。新色は「マットチタン1」で、サイドカウルには「BW`S」ロゴ入りのラフなブラッシュパターンをあしらい、足回りのブラック処理と相まって凝縮感、タフネス感を演出。

以下プレスリリースより

人気の「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)は、基本色を継続し、新たに前後ホイール、フロントフォーク、フロントキャリパー、リアキャリア一体式スタンディングハンドル等をブラック仕上げとしタフなストリート感を印象づけました。

「BW`S」は、扱い易くパワフルな水冷・FIエンジンを搭載し、ファッショナブルなスタイリングと優れた走行性、実用性などを調和させたモデルです。なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

■名称
「ビーウィズ YW50F」

■発売日
2014年12月5日

■カラーリング
マットチタン1(新色)
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

■販売計画
1,000台(年間、国内)

■車両本体販売価格
232,200円(本体価格215,000円、消費税17,200円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

「ビーウィズ YW50F」主要仕様諸元

・認定型式・原動機打刻型式/JBH-SA44J/A320E
・全長×全幅×全高/1,855mm×730mm×1,095mm
・シート高/770mm
・軸間距離/1,280mm
・最低地上高/115mm
・車両重量/92kg
・燃料消費率*1/国土交通省届出値
・定地燃費値*2/58.0km/L(30km/h)1名乗車時
・WMTCモード値*3/51.4km/L(クラス1)1名乗車時
・原動機種類/水冷・4ストローク・SOHC・3バルブ
・気筒数配列/単気筒
・総排気量/49cm3
・内径×行程/38.0mm×43.5mm
・圧縮比/12.0:1
・最高出力/3.0kW(4.0PS)/8,000 r/min
・最大トルク/3.7N・m(0.37kgf・m)/6,000 r/min
・始動方式/セルフ・キック併用式
・潤滑方式/強制圧送ウェットサンプ
・エンジンオイル容量/0.8L
・燃料タンク容量/4.5L
・燃料供給方式/フューエルインジェクション
・点火方式/TCI(トランジスタ式)
・バッテリー容量・型式/12V, 4.0AH(10H)/YTX5L
・1次減速比・2次減速比/1.000/13.782
・クラッチ形式/乾式、遠心、シュー
・変速装置・変速方法/Vベルト式/オート
・変速比/2.927〜0.902:無段変速
・フレーム形式/バックボーン
・キャスター・トレール/26°00′/84mm
・タイヤサイズ (前・後)/120/90-10 57J(チューブレス)/120/90-10 57J(チューブレス)
・制動装置形式 (前・後)/油圧式シングルディスク・機械式リーディング・トレーリング(ドラム)
・懸架方式 (前・後)/テレスコピック/ユニットスイング
・ヘッドランプバルブ種類・ヘッドランプ/ハロゲンバルブ・12V, 35/35W×2

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。
「BW’S」フィーチャーマップ

▼ビーウィズ YW50F マットチタン1(新色)



▼ビーウィズ YW50F ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)




関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る