【新車】KTM、ベストセラートレッキングバイク「KTM FREERIDE 250R/350が2015年モデルにリニューアル

KTM ラインナップの中でも、自由度の高いプレイバイクとして人気の、FREERIDE 250R 及び 350 が、2015 年モデルとしてリニューアルされた。従来モデルから各々にブラッシュアップを図り、これまで通りのファンライドに安心が増幅された、まさに熟成と呼ぶに相応しい内容となっている。

以下プレスリリースより

軽さと瞬発力が売りの FREERIDE 250 R は、リチウムイオンバッテリーの採用による軽量化や、スターターギヤの変更などから始動性をさらに向上させる等、軽量化と瞬発力に磨きをかけております。

FREERIDE 350 は、エンジンのコンロッドクランク側ベアリングをプレーンタイプに、また強化ピストンやクラッチバスケット採用で、信頼性と耐久性をさらに向上させました。

もちろん、2 ストローク、4 ストロークともに極低速から粘るエンジン特性を持ち、オフロードモデルにしては低いシート高や、豊富なハンドル切れ角など、オフ遊びに必要な基本要素は継承しております。助走路の取れない急な坂や、幅の狭いけもの道での鋭角ターンなど、極低速から瞬発力と軽さを活かした運動性の高さは、FREERIDE のもっとも得意とするところです。それは、テクニカルなセクションだけではなく、オフロード経験の浅いライダーにとっても、楽しむ余裕を与えてくれる、大きなアドバンテージとなることでしょう。

もちろん、2 ストローク、4 ストロークともに極低速から粘るエンジKTM Japan では、これらの最新モデルをご試乗いただく準備を、常に整えるよう心掛けております。オフロードモデルを体感できる場所というのは、なかなか多くありませんが、毎戦ホスピタリティ&サービステントを出している JNCC シリーズや、弊社主催のオレンジフェスティバル、また雑誌社さま主催のイベント等、オフロードで遊べるチャンスがある際は、試乗車を持ち込み、なるべく多くの方に体感していただけるよう、準備をしております。 イベントについての最新情報は、弊社ホームページの「NEWS」から「EVENT INFO」のページをご覧ください。

最新イベント情報
http://www.ktm-japan.co.jp/page/event

KTM JAPAN 株式会社
TEL:03-3527-8885

■FREERIDE 250 R
・水冷 2 ストローク単気筒 249cc(混合給油式) /
・セルスタート
・シート高 915mm
・車重(半乾燥) 91.5kg
・メーカー希望小売価格 843,429 円

■FREERIDE 350
・水冷 4 ストローク DOHC4 バルブ単気筒 249cc
・セルスタート
・シート高 915mm
・車重(半乾燥) 99.5kg
・メーカー希望小売価格 925,713 円

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る