EICMAの注目は!?

現在、ミラノで国際モーターサイクルショー「EICMA」が開催中ですが、各メーカーから魅力的なニューモデルが続々と発表され、心躍る毎日です!

その中で今回新たな潮流として注目されているのが、BMWモトラッドが発表した「S 1000 XR」。S1000RRの高性能な直4エンジンを強靭なアルミフレームに搭載し、防風効果の高いカウルと楽なアップライトポジション、前後に長い足を取り付けたモデルです。いわば「RR」と「GS」の“いいとこ取り”的なモデルで、BMWでは「アドベンチャースポーツバイク」という新ジャンルに位置付けています。

4輪に例えるなら、さしずめ「SUV」(スポーツ用多目的車)かも。最近また流行っていますよね。元々はJEEPやランクルに代表されるクロカン的な4WD車が主流で、日本でも90年代頃に大ブームになっていました。ただ、よくよく考えてみると「普段オフロードを走るわけでもないし」、「ホントは楽で快適なほうがいいし」などユーザーの本音を探っていくと、ヘビーデューティな冒険仕様よりも、雰囲気だけ「RV」で中身はラグジュアリーなほうがいいのでは…、となり今に至ったわけです。バイクも同じかもしれませんね。

ともあれ、新たなバイクの登場とともにコンセプトも複雑に細分化していくので整理するのが大変です。アドベンチャーにクロスオーバー、トラベルエンデューロ……う〜ん、難しい(笑)。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

EICMA TRADE SHOW 2014フォトギャラリー
>>【速報】ミラノショー2014特集

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る