MotoGP 初日:王者マルケスが初日1番時計を連発

2014年チャンピオンとして凱旋グランプリとなる王者マルケスが、フリー走行1に続いて、今季53回目の1番時計を刻んで、オースティン、アルゼンチン、ルマン、ムジェロ、インディアナポリス、ブルノ、シルバーストンに続き今季8度目の初日総合1番手に進出。ランク5位のドビツィオーシ、ランク8位のエスパルガロ兄、ランク3位のロレンソ、ランク16位のクラッチローが続き、ランク2位のロッシは10番手。来年型のオープンマシンで走行を開始したランク13位の青山は21番手だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る