[HONDA]MotoGP Rd.18 フリー走行 マルケスがトップタイムをマーク

11月7日(金)、シーズン最終戦となるバレンシアGPの初日は、2年連続でのライダーズタイトルの獲得を決め、ホームグランプリを迎えたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、1回目、2回目のフリー走行でともにトップタイムをマーク。シーズン13勝目に向けて、絶好のスタートを切りました。

午前に行われた最初の走行は、トップのマルケスから1秒差以内に9台という接戦に。風が強くなり、厳しいコンディションとなった午後の走行は、全体的にタイムが伸び悩む中、トップのマルケスから1秒差以内に12台となりました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  2. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  3. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  4. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
ページ上部へ戻る