【新車】KTM、ミラノショーで「1290 SUPER ADVENTURE」を発表

11月6日からイタリア・ミラノで開催されているEICMA TRADE SHOW 2014。KTMは、現地時間の正午(日本時間の午後20時)に行われたプレスカンファレンスで、ワールドプレミアモデル数台を発表した。

以下プレスリリースより

【KTM 1290 SUPER ADVENTURE】
ニューモデルKTM 1290 SUPERADVENTUREの発表に伴い、KTMはトラベルエンデューロの歴史を書き換えます。1190 ADVENTURE で、すでに同セグメントにおける新たなベンチマークとして認知された後、われわれは、さらなる排気量、パワー、よりよい装備、快適性、そして安全性の向上を目的に、開発目標のハードルをさらに数段上げました。

この目標を達成するために、開発エンジニアは、シリンダー、ピストン、コンロッドを1301ccVツインエンジン搭載の1290 SUPER DUKE Rから流用、専用開発のシリンダーヘッド、クランクシャフトと組み合わせました。1290 SUPER ADVENTUREの開発は、まず160hpというパワーと、スーパーエンデューロモデルとして最適化されたエンジンキャラクターを生むための、フライホイールマスの増量を考えたのです。1190 ADVENTUREでご好評をいただいている快適性についても再度見直しを図り、向上させております。

一例を挙げると、ライダーが片手で調整できる新型のウインドシールドを採用し、ウインドプロテクションの最適化を容易にし、またヒーテッドシートと同グリップは、必要に応じて快適な温度に調整ができ、大容量30リットルのフューエルタンクは行動範囲を確実に拡げてくれることでしょう。

EVERYTHING MODERN TECHNOLOGY HAS TO OFFER
「すべてのモダンなテクノロジーを網羅した1台」

マルチモード・エレクトリック・サスペンション、ライドモード・テクノロジー、MSC(モーターサイクル・スタビリティ・コントロール)、モード選択が可能なコンバインドABS、MTC(マルチ・トランクション・コントロール)など、1190 ADVENTUREで採用されている豊富なライダー・アシスタンス・パッケージは、新たなフラッグシップのために、さらなる機能拡張が施されました。

電子制御式クルーズ・コントロール、タイヤプレッシャー・モニタリングが加わり、前述のアシスタンスパッケージから、さらにマルチ化が進んでおります。刻、一刻と変化する路面状況に対応し、常に最適な動きを実現するため、ダンピング機能をリアルタイムで変化させる、革新的なWPセミアクティブサスペンションシステムも、LEDコーナリングライトとともに標準装備です。

さらにオプションとして、HHC(=Hill Hold Control)や、エンジン・ドラッグ・トルク・コントロールなど、ライダーがスロットルやクラッチ操作に気を遣わずとも、メカニズム側でエンジンブレーキのバックトルクを制御し、リアタイヤのスリップを防ぐ最新機能も用意されております。

ライダーアシスタンスとセーフティシステムという現代の最新セーフティテクノロジーをすべて盛り込んだ、究極のトラベルエンデューロモデルが、KTM 1290 SUPER ADVENTUREなのです。

THE WORLD SAFEST MOTORCYCLE IN THE WORLD
「世界で最も安全なモーターサイクル」

KTM 1290 SUPER ADVENTUREは、快適性とラグジュアリーツアラーとして装備のバランスを考慮しつつ、一方では重量増加を抑え、素晴らしい運動性と、KTMトラベルエンデューロを代表すル最新・最適な安全性を維持するという、様々な条件を課せられていました。相反する要素をいくつも抱えながら、それでいてそのバランスを崩すことなく、相互に高めるという、進化と熟成を兼ねた開発だったのです。

比類ないサスペンション、ライダー・アシスタンス・システムと、様々な機能を有する中で、昨年世界で初めて1190 ADVENTURE 及びADVENTURE Rに採用され、同車を世界でもっとも安全なモーターサイクルに昇華させた、スタビリティコントロール「MSC」の採用は、1290 SUPER ADVENTUREにとっても、やはり重要です。ボッシュとの緊密な協力体制の中、開発されたこのライディング・ダイナミクス・コントロールは、KTM 1290 SUPER ADVENTUREのアンチロックブレーキとトラクションコントロールの両機能が緻密に関係することで、その安全性を成立させています。

これは、リーンアングルとダイブアングルを感知/ 制御しており、コーナリング中や、車体を寝した際にも作動します。MSCはライディング・ダイナミクスの限界内で可能なリーンアングルであれば、コーナリング中でもタイヤの横滑りを防ぐのに有効な機能なのです。
MSCを装備すれば、コーナリングというライディングプレジャーに対し、これまで以上にリスクを減らし、安全性を高めた上で堪能できるという、完璧な前提条件を作ることができるのです。

その機能は、1290 SUPER ADVENTUREを世界で最も妥協のない、ラグジュアリー・トラベルモデルにするだけではなく、世界で最も安全なモーターサイクルにしてくれるのです。

EICMA TRADE SHOW 2014フォトギャラリー
◆ミラノショー2014特集 KTM編

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る