【新車】BMWがEICMAで新アドベンチャーモデルのS 1000 XRを発表

BMWが誇るRRとGSという伝説的なアイコンをアドベンチャーバイクとして融合させたニューモデル、S 1000 XRがEICMAで発表されました。160bhpというハイパワーのリッタークラスの直4アドベンチャーは一見、オンロードスポーツに振ったようにも見えますが、他社のアドベンチャーと差別化を図る意欲的なモデルです。

以下、BMWモトラッドのプレスリリース意訳

BMWモトラッドが初の「アドベンチャースポーツバイク」としてラインナップするモデルです。スポーティーな外観とパフォーマンスを兼ね備えたS 1000 Rは、アドベンチャーのDNAを持つGSとのハイブリッドとなります。

BMWモトラッドが出した答えは、最大出力160bhp、どのような路面にも対応するサスペンション、長距離ツーリングでも快適なエルゴノミクスを備えたアドベンチャースポーツバイク。さらに幅広いオプション装備によってS 1000 XRは正真正銘の「オールラウンダー」となります。

ダイナミックESAによる電子サスペンションコントロール、より便利なクラッチコントロールのためのHPシフトアシスタントプロ、BMWモトラッドのバイクでは初の採用となるプロライディングモード、さらなる安全性のためのABSプロといったオプション装備があります。これらによってS 1000 XRはBMWバイクのダイナミック、エレガント、快適性を同時に追求する新しいカテゴリ「アドベンチャースポーツバイク」の出発点となります。

▼エンジン
・タイプ:水/油冷 直列4気筒 4ストローク 4バルブ
・ボア、ストローク:80 mm x 49.7 mm
・排気量:999cc
・最大出力:118kW (160hp) 11,000rpm
・最大トルク:112Nm 9,250rpm
・圧縮比:12.0 : 1
・燃料供給:電子式インジェクション

▼パフォーマンス
・最大スピード:200 km/h以上
・90km/h巡航時の100kmの燃費:5.4L
・120 km/h巡航時の100kmの燃費:5.8L
・ガソリン:無鉛プレミアム

▼電子システム
・オルタネーター:486 W
・バッテリー:12 V/8 Ah、メンテナンスフリー

▼パワートランスミッション
・クラッチ:湿式マルチプレートクラッチ、アンチホッピング付き
・ギアボックス:コンスタントメッシュ6速
・ドライブ方式:チェーン 17/45

▼シャシー、ブレーキ:
・フレーム:アルミニウムコンポジットブリッジフレーム、一部、エンジンをサポーティングとして使用
・フロントサスペンション:倒立式テレスコピック46 mmフォーク、圧、伸調整可能
・リアサスペンション:アルミニウム製スイングアーム、伸び側ダンパー調整可能
・サスペンショントラベル:フロント150 mm、リア140 mm
・ホイールベース:1548 mm
・キャスター:117 mm
・ステアリングヘッド角:64,5°
・ホイール:鋳造アルミニウム
・フロントリム:3.50 x 17″
・リアリム:6.00 x 17″
・フロントタイヤ:120/70 ZR 17
・リアタイヤ:190/55 ZR 17
・フロントブレーキ:ダブルディスク、フローティングキャリパー、ラジアル4ピストンキャリパー、ディスク径320mm
・リアブレーキ:シングルディスク、2ピストンフローティングキャリパー、ディスク径265mm
・ABS:BMW Motorrad Race ABS、離脱可能

▼ディメンション、重量
・全長:2183 mm
・全幅:940 mm
・全高:1408 mm
・シート高:840 mm
・重量(オイル、ガソリン込み):228 kg
・積載量:206 kg
・燃料タンク:20L

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る