【新車】ホンダ、EICMA2014 ミラノショーでRC213V-SとTrue Adventureを発表

ホンダは、ミラノで行われている世界最大の二輪車の展示会「EICMA」で、究極の公道仕様車として開発した「RC213V-S」と、ホンダが提案する新しいアドベンチャーモデル、「True Adventure」を発表した。

また、ニューモデルとしてCBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のスペシャルモデルと、Repsol Honda Teamのカラーリングを施した「NSC50R」、4ストローク・4バルブエンジンを搭載したスポーツGTスクーター「Forza 125」も同時出展する。

以下プレスリリースより

ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間2014年11月4日(火)午前10時に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
ホンダは、11月6日(木)よりイタリア・ミラノで開催されるEICMA2014(ミラノショー)に出展する二輪車を発表しました。主な出展車両は下記の通りです。

【参考出品(プロトタイプ)】

■RC213V-S
ホンダのレーシングテクノロジーを結集し、ロードレース世界選手権MotoGPクラスで2年連続ライダーズタイトルと4年連続コンストラクターズタイトルを獲得した(株)ホンダ・レーシング(HRC)のワークスマシン「RC213V」の基本メカニズムを踏襲。究極の公道仕様車として開発したプロトタイプです。

■True Adventure
ホンダが提案する新しいアドベンチャーモデルです。開発にあたっては、オフロードでの優れた走行性能を追求し、これまでのアドベンチャーモデルで培ったテクノロジーや、「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」のワークスマシン「CRF450 RALLY」のレーシングテクノロジーを反映したプロトタイプです。

【ニューモデル】

■CBR1000RR Fireblade
CBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のスペシャルモデルです。MotoGPクラスで、マルク・マルケス選手による2年連続ライダーズタイトルと、ホンダに4年連続コンストラクターズタイトルをもたらした「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」のカラーリング※を施しました。※ マルク・マルケス選手のゼッケンナンバー「93」は、展示用仕様となります

■NSC50R
Repsol Honda Teamのカラーリングを施しました。

■Forza 125
強く快適な走行を追求したスタイリッシュなスポーツGTスクーターです。4ストローク・4バルブエンジンは、低フリクション技術を採用し優れた燃費性能を実現。視認性に優れるLEDヘッドライトの採用などで、さらに高級感を高めたモデルです。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る