[YAMAHA]JRR Rd.8 JSB1000 中須賀が国内最高峰クラスで3連覇!

■大会名称:2014全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦 MFJGP
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2014年11月2日(日)
■会場:鈴鹿サーキット(5.821Km)
■周回数:第1レース13周/第2レース10周
■観客数: 14,000人
■天候:曇り後雨
■コース:ドライ&ウエット
■PP(第1レース):中須賀克行(ヤマハ/2分18秒697)
■PP(第2レース):中須賀克行(ヤマハ/2分19秒803)
■FL(第1レース):中須賀克行(ヤマハ/2分08秒365)
■FL(第2レース):加賀山就臣(スズキ/2分17秒211)

中須賀克行が、レース1でポールポジションからスタートして優勝。レース2では同じくポールポジションからスタートして2位となり、平忠彦氏、藤原儀彦氏に続き史上3人目となる国内最高峰クラスでの3連覇を達成。さらに史上初となる最高峰クラスで5回目のチャンピオンを獲得した。

ウエットコンディションとなった予選で、中須賀はQ1、Q2ともにトップタイムをマークすると、第1レース、第2レースともにポールポジションを獲得。今季、全8レース中6回のポールポジションを獲得し、決勝に臨んだ。

ウエットレース宣言が出されたもののドライ用スリックタイヤでの戦いとなった第1レース。中須賀はスタートで珍しくミスをしてしまいポジションを下げるが、オープニングラップを終えるまでにトップ加賀山就臣(スズキ)に次ぐ2番手へと挽回。そして3周目の逆バンクでは高橋巧(ホンダ)に抜かれて中須賀は3番手となるが、この周の西ストレートから130Rで中須賀は一気にトップに浮上する。

この後は、中須賀と高橋の一騎打ちとなるが、ウエットレース宣言のために12周に減算されたレースの11周目、中須賀は2分08秒365のファステストラップを叩き出すと、最終ラップにはバックマーカーを利用して高橋との差を開き今季4勝目をマークした。

このレース1の結果、ポイントリーダーの中須賀は、ランキング2位の高橋に10ポイントの差をつけて第2レースに臨むことになった。しかしこのレースは、事前に雨が降ったことにより路面コンディションが一変。ウエットコンディションとなり、10周で争われることになった。

ホールショットを奪ったのは山口辰也(ホンダ)だったが、オープニングラップでの攻防で高橋がトップに立ち、中須賀は2番手で戻ってくる。そして第1レースと同様に高橋と中須賀が後続を引き離しにかかるが、4周目の2輪シケインで高橋がコースオフ。その後、トラブルにより高橋がマシンを止めると、この瞬間に中須賀の国内最高峰クラスでの3連覇が決定した。

高橋がマシンを止めた後、中須賀はトップを独走するが、そのラップタイムを上回るタイムで加賀山が急接近。そして8周目の130Rで加賀山にトップの座を明け渡すが、その後は無理に追うことはせずにリスク回避の走りに徹して2位に入り、表彰台の上から3連覇の喜びをスタッフやファンと分かち合った。

コメント
■中須賀克行選手談(第1レース:優勝/第2レース:2位)
「第1レースは、高橋選手との接戦が続きましたが、バックマーカーをうまく利用して差を作ることができました。第2レースは、路面コンディションがウエットとなり、結果は2位でしたが、レース序盤を引っ張ることができたので満足しています。高橋選手がストップしたことは、ピットサインでは知らされていなかったので、これはピットから最後まで集中していけという合図と受け止めています。加賀山選手に抜かれてからは、優勝からチャンピオンを獲る方に専念して走りました。国内最高峰クラスでの3連覇は、ヤマハで3人目となりますが、ようやくその記録に並ぶことができたし、5回のチャンピオン獲得は誰もいないので、レジェンドになれたと思っています。本当に一年間、たくさんの応援ありがとうございました」

■吉川和多留ディレクター談
「レースウイークで目まぐるしくコンディションが変わりましたが、そうした中できっちりと中須賀選手が3連覇を達成してくれたことは、本当にうれしいし、正直なところホッとしています。今大会は、わずかなミスも許されない状態で、緊張している様子も見受けられましたが、レースでは常に落ち着いていました。ミスが許されないという意味ではチームスタッフも同様でしたが、こちらも完璧な仕事をしました。一年間、応援していただいたYSPをはじめ、我々のレース活動を支えてくれたすべての方々に最高の報告ができることをうれしく思います」

■太田徳次監督談(YSP浜北大橋社長)
「率直にうれしいです。第1レースはぶっちぎりの勝利、第2レースも落ち着いた走りを見せてくれましたが、本当に”すばらしいレース”の一言に尽きます。中須賀選手がこのチームに加入した時は、初々しい印象のライダーでしたが、その中須賀選手が毎年着実に成長し、そして逞しくなり、いつもまにか全日本のトップライダーとして3連覇、そして5回目のチャンピオンを獲得するまでになったこと、本当にうれしく思います。さらに、誇りに感じます。そして、30代になったとはいえまだまだ先のあるライダーです。これからも次のステップを目指し、前進を続けてくれることを期待します。最後に、1年間、いやこれまで長年応援してくれたすべての方にお礼申し上げます。ありがとうございました。今後も応援をよろしくお願いします」

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る