[BRIDGESTONE]JRR Rd.8 ST600 ベテラン大崎誠之が最終戦を独走優勝で飾る

今季のST600クラスは若手の日浦大治朗(ブリヂストン)がブリヂストン代表ライダーとして孤軍奮闘。最終戦ではスポット参戦のベテラン大崎誠之(ブリヂストン)が前戦岡山から続けてエントリー。心強い味方を得た。いつもよりも一日早い木曜日から始まったレースウイーク。終始ドライ走行となった初日も、午前中はドライ・午後は途中からウェット走行となった二日目も、トップタイムをマークしたのは大崎だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る