[BRIDGESTONE]JRR Rd.8 ST600 ベテラン大崎誠之が最終戦を独走優勝で飾る

今季のST600クラスは若手の日浦大治朗(ブリヂストン)がブリヂストン代表ライダーとして孤軍奮闘。最終戦ではスポット参戦のベテラン大崎誠之(ブリヂストン)が前戦岡山から続けてエントリー。心強い味方を得た。いつもよりも一日早い木曜日から始まったレースウイーク。終始ドライ走行となった初日も、午前中はドライ・午後は途中からウェット走行となった二日目も、トップタイムをマークしたのは大崎だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る