[BRIDGESTONE]JRR Rd.8 ST600 ベテラン大崎誠之が最終戦を独走優勝で飾る

今季のST600クラスは若手の日浦大治朗(ブリヂストン)がブリヂストン代表ライダーとして孤軍奮闘。最終戦ではスポット参戦のベテラン大崎誠之(ブリヂストン)が前戦岡山から続けてエントリー。心強い味方を得た。いつもよりも一日早い木曜日から始まったレースウイーク。終始ドライ走行となった初日も、午前中はドライ・午後は途中からウェット走行となった二日目も、トップタイムをマークしたのは大崎だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る