[BRIDGESTONE]JRR Rd.8 ST600 ベテラン大崎誠之が最終戦を独走優勝で飾る

今季のST600クラスは若手の日浦大治朗(ブリヂストン)がブリヂストン代表ライダーとして孤軍奮闘。最終戦ではスポット参戦のベテラン大崎誠之(ブリヂストン)が前戦岡山から続けてエントリー。心強い味方を得た。いつもよりも一日早い木曜日から始まったレースウイーク。終始ドライ走行となった初日も、午前中はドライ・午後は途中からウェット走行となった二日目も、トップタイムをマークしたのは大崎だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る