[BRIDGESTONE]JRR Rd.8 J-GP3 鳥羽海渡が今季3勝目を飾り、山田誓己がチャンピオンを獲得

ゼッケン1番をつけて初めてのタイトル防衛を前にした山田誓己(ブリヂストン)。6点差で逆転初タイトルをねらう水野涼(ブリヂストン)。ブリヂストンユーザー同士が2014年のタイトルを争う最終戦。木曜日の特別走行は山田が2番手、水野は4番手。金曜日の合同走行は山田がトップタイム、水野は3番手。

予選は雨の中でのアタックとなる。セッション中盤までは菊池寛幸(ブリヂストン)と鳥羽海渡(ブリヂストン)がチームメイト同士で1番手・2番手を走行。セッション終盤には前戦で全日本初ポールポジションを獲得した作本輝介(ブリヂストン)が、そして山田が次々にリーダーボードのトップに浮上。セッション残り10分強で転倒車が出て赤旗中断。その間に雨脚が強まり、直前にリーダーボードのトップに浮上した小室旭(DL)がそのままポールポジションを獲得。作本は2戦連続フロントロウとなる2番手グリッド。山田は3番手グリッドを獲得する。一方、水野は13番手と、苦しい位置に沈んでしまった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る