[BRIDGESTONE]JRR Rd.8 J-GP2 生形秀之が負傷しながらも2位表彰台を獲得

世界グランプリで戦ってきた高橋裕紀(DL)が10年ぶりに全日本に復帰し、世界のレベルの高さを見せつけた今季。生形秀之(ブリヂストン)が15点差のランキング2位で最終戦に臨んだ。

雨に見舞われた予選では、セッション開始早々に転倒者が続出。浦本修充(ブリヂストン)や関口太郎(ブリヂストン)・井筒仁康(DL)・デチャ・クライサルト(DL)といった上位ランカーも転倒を喫してしまう。セッション終盤にリーダーボードのトップに立ったのは星野知也(ブリヂストン)・渡辺一馬(DL)・岩田悟(ブリヂストン)・高橋・生形といった面々。最後の最後までくるくると変わったリーダーボード。最終的にポールポジションは高橋の手に。生形が2番手。最終アタックでジャンプアップした井筒が3番手フロントロウ。岩田は4番手。今大会を最後に引退を発表した亀谷長純(ブリヂストン)は星野に次いでセカンドロウ6番手を獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る