[SUZUKI]JRR Rd.8 JSB1000 雨で短縮された第2レースを加賀山就臣が制し今季2勝目

いよいよ全日本ロードレース選手権シリーズも最終戦を迎えた。今回のレースは事前テストがなかったことから、通常よりも一日早く、木曜日から走行が行われた。例年、この最終戦は雨が降る確率が高く、今回も天気予報では土日が雨になっており、空を見上げながらのレースウイークとなった。

鈴鹿でのレースはJSB1000クラスのライダーにとって、開幕戦の2&4、さらに8耐と走行時間は比較的多いが、他のクラスのライダーは昨年の最終戦以来となる。JSB1000クラスのチームは、鈴鹿8耐でのデータを基本とし、さらにその後の全日本を戦う中で蓄積したセッテイングをプラスαし、さらに高いレベルでのレースを目指すこととなる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る