【新車】YAMAHA、「YZF-R25」国内仕様を12月15日に発売

ヤマハ発動機は、<毎日乗れるスーパーバイク>をコンセプトに、クラス最高レベルとなるエンジン出力と249cm3の水冷・直列2気筒エンジンを搭載した新製品「YZF-R25」を発売する。

カラー展開はディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/シルバー)・ブラックメタリックX(ブラック)・ビビッドレッドカクテル1(レッド/ホワイト)の3色だ。メーカー希望小売価格556,200円(税込み)で発売日は2014年12月15日だ。

以下プレスリリースより

「YZF-R25」は、<毎日乗れるスーパーバイク>をコンセプトに、クラス最高レベル※となるエンジン出力とRシリーズを継承する軽量な車体とデザインにより、“スーパースポーツ”と呼ぶにふさわしい高次元な走行性能とスタイルを具現化したモデルです。また、デイリーユースでの軽快な走行性と扱いやすさ、さまざまなシーンでの爽快な走りを実現しています。※ヤマハ発動機調べ

主な特徴は、1)高揚感あるフィーリングを生み出す新設計エンジン、2)爽快な走行フィーリングを支える新設計フレームとロングリアアーム、3)YZF-RシリーズのDNAを受け継ぐスタイリング及びこれと調和させた快適なライディングポジションなどです。なお、ABS仕様につきましては、2015年春に発売を予定しています。製造は当社のグループ会社PT.YamahaIndonesiaMotorManufacturing(YIMM)が行います。

■名称
「YZF-R25」
・ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/シルバー)
・ブラックメタリックX(ブラック)
・ビビッドレッドカクテル1(レッド/ホワイト)

■発売日
2014年12月15日

■メーカー希望小売価格
556,200円
(本体価格515,000円/消費税41,200円)

■販売計画
7,000台
(年間、国内)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

《開発の狙い》
国内スポーツバイク市場ではここ数年、軽二輪(250ccクラス)のカウル付モデルの人気が高まっていますが、「YZF-R25」はこのニーズに呼応したグローバルモデルとして開発しました。ヤマハスポーツモデルの代名詞“YZF-Rシリーズ”技術蓄積に基づく、“走り”と軽二輪クラスとしての“扱い易さ”を調和させました。モーターサイクル経験の長短を問わず、市街地からワインディング路まで、さまざまなシーンでスポーツライディングを楽しめます。

▼ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/シルバー)



▼ブラックメタリックX(ブラック)

▼ビビッドレッドカクテル1(レッド/ホワイト)

《主な特徴》

1)高揚感あるフィーリングを生み出す新設計
エンジンエンジンは、249cm3の水冷・直列2気筒・DOHC・4バルブ・FI(フューエルインジェクション)で、コンパクトな燃焼室内で混合気の縦渦(タンブル)を積極的に生成させ、素早い燃焼促進による優れた出力・トルク特性を引き出しました。このエンジンには、高精度で作動する直押し式の吸排気バルブ、強度に優れた浸炭コンロッド、低振動に貢献するアルミ製鍛造ピストンなどを投入、中〜高回転域での高い性能を支えます。

さらにクランクウエブを軽くするなどクランク慣性モーメントを最適化、発進など低速での扱い易さと高速域での回転上昇感のバランスを図り、優れたドライバビリティを支えています。

2)マス集中に貢献するショートマフラー
排気系には2-1のエキゾーストパイプとショートマフラーを採用しました。車体中央下部に寄せてコンパクトに配することで重量マスの集中を図っています。さらに、「YZF-R6」(輸出モデル)を彷彿させるデザインでスポーティさを演出しながら、内部は3段膨張式として優れた消音効果と心地よい排気音を両立させました。

3)新設計フレームとロングリアアーム
最新の解析技術の織り込みにより、軽量化と剛性バランスを兼ね備えた新設計ダイヤモンド型フレームを採用しました。フレームへのエンジン懸架は左右各4ヵ所で、うち左右各3ヵ所をリジッド懸架とし、車体の強度部材としてエンジンケースを機能させることで軽量化に繋げました。左右非対称のリアアームは、長さ573mmとロングで、コーナーや加減速時において、リアアームの対路面角度の変化率が少なく、駆動力が効率よくリアタイヤに伝わる設計としました。

4)走りの爽快感に貢献する前後サスペンション
フロントサスペンションは600ccクラス並のインナーチューブ径が41mmの正立式を採用しました。狙ったラインをトレースし易く剛性感のある走行フィーリングに貢献しています。リアはモノクロスサスペンションを採用し、ストローク全域で作動性が良く、優れた路面追従性と乗り心地を実現しています。

5)YZF-RシリーズのDNAを受け継ぐスタイリングと調和させたライディングポジションR-DNAを受け継ぎ一目でスーパースポーツと分かるスタイリングを採用、その特徴はマスフォアード・シルエット、切れ上がったテール、逆スラントの2眼ヘッドライト、センターエアダクト風デザイン、レイヤー構造カウルなどです。さらに、ライディングポジションは、このスタイリングに調和させたややアップライトで疲労感の少ないものとしました。シートは表皮、クッション材を吟味し780mmの低シート高と相まって、良好な足付き性とフィット感を備えます。また34度のハンドル切れ角は166kgの軽量ボディと相まって、取り回しで扱い易さに貢献しています。

「YZF-R25」主要仕様諸元

・型式/エンジン型式 JBK-RG10J/G401E
・全長×全幅×全高 2,090mm×720mm×1,135mm
・シート高 780mm
・軸間距離 1,380mm
・最低地上高 160mm
・車両重量 166kg
・燃料消費率*1 国土交通省届出値
・定地燃費値*2 33.5km/L(60km/h)
・WMTCモード値*3 26.2km/L(クラス3、サブクラス 3-2)
・原動機種類 水冷・4 ストローク・DOHC・4 バルブ
・気筒数配列 直列 2 気筒
・総排気量 249cm3
・内径×行程 60.0mm×44.1mm
・圧縮比 11.6:1
・最高出力 27kW(36PS)/12,000r/min
・最大トルク 23N・m(2.3kgf・m)/10,000r/min
・始動方式 セルフ式
・潤滑方式 強制圧送ウェットサンプ
・エンジンオイル容量 2.4L
・燃料タンク容量 14L
・・燃料供給 フューエルインジェクション
・点火方式 TCI(トランジスタ式)
・バッテリー容量/種類 12V,7.0Ah(10H)/GTZ8V
・1 次減速比/2 次減速比 3.043/3.071
・クラッチ形式 湿式多板
・変速装置/変速方式 常時噛合式 6 段/リターン式
・変速比 1 速 2.666 2 速 1.882 3 速 1.454 4 速 1.200 5 速 1.037 6 速 0.920 ・フレーム形式 ダイヤモンド
・キャスター/トレール 25°00 ′/95mm
・タイヤサイズ (前/後) 110/70-17M/C 54S(チューブレス)/ 140/70-17M/C 66S(チューブレス)
・制動装置形式 (前/後) 油圧式シングルディスク/油圧式シングルディスク
・懸架方式 (前/後) テレスコピック/スイングアーム
・ヘッドライトバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,55W×2

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
*3:WMTC モード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る