【新車】YAMAHA、欧州向けスポーツマルチモデル「MT-09 TRACER」を発売

ヤマハ発動機は、850ccの直列3気筒エンジンを搭載するスポーツモデル「MT-09」をベースに開発したバリエーションモデル「MT-09TRACER(トレーサー)」を、2015年3月上旬から欧州市場で発売する。

以下プレスリリースより

「MT-09TRACER」は、“クロスプレーンコンセプト”の直列3気筒エンジンによる“意のまま”に扱える走行性が人気の現行「MT-09」をベースモデルとし、“SportMultiToolBike”のコンセプトのもと、市街地走行からツーリング用途まで多彩なシーンでスポーティかつ快適な走行を楽しめる“スポーツマルチ”モデルとして開発しました。

主な特徴は、1)ツーリングを支援するTCS(トラクションコントロールシステム)、2)レイヤー構造を取り入れたカウルやハンドルカバー等による走破性、快適性、積載性を強調したスタイル、3)ライダーの好みにより調整可能なハンドル・シート・フロントスクリーン、4)視認性の高い多機能メーターパネル、5)フルLEDヘッドライトなどです。

当社は、2013年から進めている中期経営計画のなかで、二輪車事業での新たな取り組みとして“基本プラットフォームをベースにしたバリエーション展開の拡大”を掲げており、今後もプラットフォームベースのモデル開発を推し進め、“多様性・個性・新しさを創る商品展開”を目指します。

■名称
MT-09TRACER
(カラー/マットグレー、レッド、マットシルバー)

■発売日
2015年3月上旬

■メーカー希望小売価格
9,499ユーロ(欧州参考小売価格)

■販売計画
5,500台
(発売から1年間/EU圏内)

▼レッド



▼マットグレー

▼マットシルバー

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  4. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
ページ上部へ戻る