[MFJ]JRR Rd.8 JSB1000 決勝レース1 中須賀克行がまずは先勝!

レースは加賀山就臣の絶好のスタートで始まった。高橋巧、中須賀克行、山口辰也、柳川明、津田拓也が続き、JSB1000クラスの迫力ある接近戦が展開されていく。中でもキット車を駆る山口がトップ集団の4番手につけ、西ストレートでは4ワイドでのバトルを展開していく。

3周目には高橋が加賀山からトップを奪うと、その後に中須賀がレースで初めてトップに立つ。山口も加賀山をかわして3台でのトップ争いが続く。5周目には山口が2番手に浮上し、中盤まで中須賀に食らいつく好走を見せた。柳川、津田、渡辺らもトップ争いに残り、大排気量クラスとは思えないバトルが展開される。

終盤に入ると中須賀と高橋の一騎打ちになり、周回遅れを上手く処理した中須賀が高橋との差を広げて今季4勝目を挙げた。高橋が2位、3位には山口が入る健闘を見せた。タイトル争いは、中須賀が162、高橋が152となり、タイトル争いは2人に絞られた。

詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

▼Suzuka JSB1000 Race1 Winner`s Interview

▼Suzuka JSB1000 Race1 2nd Place Interview

▼Suzuka JSB1000 Race1 3rd Place Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る