[MFJ]JRR Rd.8 J-GP2 予選 高橋裕紀、激しい雨のアタックを制してポールポジション!

J-GP2クラスの公式予選はますます激しくなる雨、そして悪化するコースコンディションの中で始まった。開始早々に転倒車が発生し、10分を経過した頃に1コーナーで転倒がありで赤旗が提示されて一旦中断。再開前は高橋裕紀がトップ、星野知也、岩田悟の順。再開後早々に1コーナーでデチャ・クライサーが転倒するなど、荒れた展開も見られた。

その中でセッションの中盤以降は、各ライダーのハイレベルはレインコンディションでのアタックが見られた。トップは高橋で2分30秒739。星野、渡辺一馬、原田武人、亀谷長純、生形秀之と続く。まず岩田が30秒099でトップを奪うと、星野が29秒に入れてトップに立ち、すぐに渡辺がトップを奪う。再び星野が27秒台で逆転するが、今度は生形が26秒台に入れてトップに立つ。そして高橋が25秒747で一気にトップに返り咲くと、岩田が再びトップ、高橋、生形と目まぐるしく塗り替えられるトップタイムだったが、最終的に高橋が23秒400をマークして今季4度目のポールポジションを獲得した。

詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

▼Suzuka J-GP2 Pole Position Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る