[DUNLOP]MotoGP Rd.17 ヴィニャーレス選手が今季4勝目 ラバット選手が初タイトルを獲得

フライアウェーシリーズの3戦目、マレーシア戦を迎えた。セパンサーキットは全長約5.5キロで、2つの約1キロのストレートを持つコースだ。東南アジアということで、蒸し暑さだけでなく、スコールにもたびたび見舞われる。コンディションの難しいサーキットだ。

ダンロップは、フロントに前回と同じミディアム&ハード、リアにもてぎと同じミディアム&ソフトタイヤを供給した。

目下、ランキング2位のM・カリオ選手(KALEX)に41点差をつけて首位に立つのはE・ラバット選手(KALEX)。今回は、タイトルをかけた大一番となった。初日の午後はスコールに見舞われたが、予選は蒸し暑さの中、ドライコンディションで行われた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る