[DUNLOP]MotoGP Rd.17 ヴィニャーレス選手が今季4勝目 ラバット選手が初タイトルを獲得

フライアウェーシリーズの3戦目、マレーシア戦を迎えた。セパンサーキットは全長約5.5キロで、2つの約1キロのストレートを持つコースだ。東南アジアということで、蒸し暑さだけでなく、スコールにもたびたび見舞われる。コンディションの難しいサーキットだ。

ダンロップは、フロントに前回と同じミディアム&ハード、リアにもてぎと同じミディアム&ソフトタイヤを供給した。

目下、ランキング2位のM・カリオ選手(KALEX)に41点差をつけて首位に立つのはE・ラバット選手(KALEX)。今回は、タイトルをかけた大一番となった。初日の午後はスコールに見舞われたが、予選は蒸し暑さの中、ドライコンディションで行われた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  2. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  3. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  4. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
ページ上部へ戻る