【新製品】TSRがCBR250Rレーシングフルエキゾーストをバージョンアップし発売

オートバイ製品を製造しているTSRがCBR250Rレーシングフルエキゾーストをバージョンアップし発売を開始した。前モデルE02の基本設計はそのままにエキゾーストパイプのヘッダー部にサブチャンバーを設け、中・高回転域の性能を向上、排気騒音量の低減を達成している。

以下プレスリリースより

商品説明

■品番1800R-M41-E12

■商品特徴
前モデルE02のエキゾーストパイプにサブチャンバーを設け
中・高回転域でのパワーフィーリング向上と排気騒音量の低減を達成しました。

■適応機種
11-14CBR250R(JBK-MC41)

■エキゾーストパイプガスケット・アルミ製サイレンサーステー付属
■サイレンサーボディー:SUS
■エキゾーストパイプ:SUS
■製品重量:3.3kg
(サイレンサーステー、サイレンサーバンド含む)

■備考
・レース専用部品(公道走行不可)・排気騒音量 103db/5,500rpm
・ノーマルステップは使用出来ません。(TSR製ステップKITは装着可)
・他社製ステップKITの装着確認はしておりません。また、ノーマルカウル・レース用FRPカウルに接触する場合には、干渉部分を切削加工してください。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る