マルケスが史上最多ポール達成と同時に最多優勝にも王手!

すでに2年連続で最高峰クラスの年間タイトルを獲得しているレプソル・ホンダのマルク・マルケスが、先週末に開催された第17戦マレーシアGPで今季13度目のポールポジションを奪取し、2011年のケーシー・ストーナーとGP500時代の1997年にミック・ドゥーハンが樹立した1シーズン史上最多ポールポジション獲得数を更新した。

今年のマルケスは開幕戦カタールGPから6戦連続ポールの後、第14戦アラゴンGPで、フレディ・スペンサーとワイン・ガードナーがGP500時代に記録したシーズン10度のポールポジション記録を更新。前回の第16戦オーストラリアGPでは最多タイに並び、記録更新の期待が高まっていた中での快挙となった。

加えて、今大会で挙げたシーズン12勝目により、1997年にドゥーハンが樹立したシーズン最多優勝記録にも並ぶこととなり、次回の最終戦バレンシアGPでのさらなる記録更新にも期待がかかる。また、ホンダも今回のマルケス優勝により、2014年度MotoGPクラスのコンストラクターズタイトル獲得となり、4年連続21度目、全クラス通算63度目のタイトル獲得となるなど、まさにマルケス旋風が吹き荒れた。

【1シーズンポールポジション獲得ランキング】
出典:The Official MotoGP Website

M.マルケス: 13度 (2014年:シーズン全18戦)
M.ドゥーハン: 12度(1997年:シーズン全15戦)
C.ストーナー: 12度(2011年:シーズン全18戦)
F.スペンサー: 10度(1985年:シーズン全12戦)
W.ガードナー: 10度(1987年:シーズン全15戦)

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆M.マルケスが年間最多となる13度目のPPを奪取
◆[HONDA]MotoGP Rd.17 決勝 マルケスが12勝目を挙げ、史上最多優勝記録に並ぶ
◆ホンダが通算21度目のコンストラクターズ部門を獲得

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る