[BRIDGESTONE]JMX IA2 Rd.9 能塚智寛は6-4位で総合5位

2014MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦(最終戦)「第52回MFJ-GPモトクロス」は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。

会場のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースは、尾根を跨いだ高低差のある地形に傾斜角30度の「大坂」や大小のジャンプやフープスなどダイナミックなレイアウトが特徴。レース時には入念な散水と掘り返しのメインテナンスが施されるため、粘土質の粘り気のある路面は、コーナーごとに多数のワダチが出来上がり、レースの進行に伴って大きく変化する傾向にある。

IA2クラス以外のタイトルはすでに確定しているが、大会期間中は土日とも秋晴れの好天に恵まれ、また海外からの招待選手がスポット参戦したこともあり、公式発表で5200人のファンが訪れ、今シーズンのファイナルバトルを楽しんだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る