[SUZUKI]JMX Rd.9 IA1 熱田孝高が第2ヒートで3位表彰台を獲得。ランキング4位でシーズンを締めくくる

第52回MFJ-GPモトクロス 2014MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ最終戦は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。

Team SUZUKIの熱田孝高は、第1ヒートこそ追い上げようとした序盤に転倒するなど8位のポジションに甘んじたが、第2ヒートはスタートからライバルと激しいバトルを繰り広げて、3位表彰台を獲得。前回中国大会で怪我からの復帰を果たしたものの、まだまだ万全とは言えない状態で臨んだ小島庸平は、苦しい戦いを強いられるも粘り強い走りを見せヒート7-8位で総合7位。

IA2クラスの竹中純矢は、第1ヒートはスタート直後に転倒。最後尾から激しく追い上げて5位。第2ヒートはオープニングラップから3番手のポジションをキープして3戦ぶりとなる3位表彰台を獲得。熱田はシリーズランキング4位、小島は9位。竹中は3位でシーズンを締めくくった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る