MotoGP ブリヂストン、初投入のハードコンパウンドで好評価

路面温度が50度以上に達するセパンに対して、タイヤサプライヤーのブリヂストンが、フロントタイヤのハードに従来よりもやや柔らかくて、使いやすい新しいコンパウンドを初投入。MotoGPライダーたちのフィードバックからコンディションに良く適応していたことを確認した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る