MotoGP ブリヂストン、初投入のハードコンパウンドで好評価

路面温度が50度以上に達するセパンに対して、タイヤサプライヤーのブリヂストンが、フロントタイヤのハードに従来よりもやや柔らかくて、使いやすい新しいコンパウンドを初投入。MotoGPライダーたちのフィードバックからコンディションに良く適応していたことを確認した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  2. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  3. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
  4. ■大会名:2018年全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 ■開催日:2018年6月16…
ページ上部へ戻る