MotoGP ブリヂストン、初投入のハードコンパウンドで好評価

路面温度が50度以上に達するセパンに対して、タイヤサプライヤーのブリヂストンが、フロントタイヤのハードに従来よりもやや柔らかくて、使いやすい新しいコンパウンドを初投入。MotoGPライダーたちのフィードバックからコンディションに良く適応していたことを確認した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
  2. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  3. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  4. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
ページ上部へ戻る