MotoGP ブリヂストン、初投入のハードコンパウンドで好評価

路面温度が50度以上に達するセパンに対して、タイヤサプライヤーのブリヂストンが、フロントタイヤのハードに従来よりもやや柔らかくて、使いやすい新しいコンパウンドを初投入。MotoGPライダーたちのフィードバックからコンディションに良く適応していたことを確認した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る