MotoGP ブリヂストン、初投入のハードコンパウンドで好評価

路面温度が50度以上に達するセパンに対して、タイヤサプライヤーのブリヂストンが、フロントタイヤのハードに従来よりもやや柔らかくて、使いやすい新しいコンパウンドを初投入。MotoGPライダーたちのフィードバックからコンディションに良く適応していたことを確認した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 38年前の鮮烈フォルム すべてはここから始まった GSX1100Eがベースとは思えない、流…
  2. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 新車全モデルが対象 BMW Motorradは、免許…
  3. ▲【SUZUKI HAYABUSA 新型予想CG】初代’99から続く有機的な曲線ボディを洗練して受け…
  4. Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒・648ccエンジンを搭載し、コン…
ページ上部へ戻る