[HONDA]MotoGP Rd.17 HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.126

第17戦マレーシアGPは、初日の金曜日から決勝レースが行われた日曜日までの3日間で計13万人の観客が詰めかける、大盛況のレースウイークになりました。

土曜の予選でサーキットのファステストラップを更新して2年連続のポールポジションを獲得したRepsol Honda Teamのマルク・マルケス選手は、決勝レースでも力強い走りを遺憾なく発揮。灼熱の中で行われた全20周のレースを通じて高水準のラップタイムを刻み続け、今季12勝目を挙げました。この勝利で、マルケス選手は1997年にミック・ドゥーハン氏が達成したシーズン12勝というシーズン最多記録に並びました。

一方、チームメートのダニ・ペドロサ選手は2年連続の優勝を飾っており、今回も優勝候補の最有力候補でしたが、決勝レースでは転倒を喫してしまいます。その後、マシンを引き起こしてレースに復帰し、驚くべきペースで順位を回復していったものの、13周目に再度転倒し、マシンに大きなダメージを負ったためにリタイアを余儀なくされました。なお、今回のマルケス選手の優勝により、Hondaは2014年のコンストラクターズタイトルを獲得しました。

選手とスタッフのチーム全員が一丸となって戦い抜いた、第17戦マレーシアGPのレースウイークを、Repsol Honda Teamチーム代表のリビオ・スッポが振り返ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る