MotoGP Rd.17 公式予選:王者マルケスが史上最多13度目のポールポジションを奪取

2014年王者のマルケスが、フリー走行4で今季49回目となる1番時計を記録した後、キャリア通算113戦目で通算50回目のポールポジションを獲得。ドゥーハン、ストーナーのシーズン最多記録を更新すれば、ランク2位を争うランク4位のペドロサ、ランク3位のロレンソが1列目を確保、ランク2位のロッシは6番手。ランク14位の青山は、33歳の誕生日に2戦連続の公式予選2に進出して今季の最高位となる11番グリッドを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る