MotoGP Rd.17 公式予選:王者マルケスが史上最多13度目のポールポジションを奪取

2014年王者のマルケスが、フリー走行4で今季49回目となる1番時計を記録した後、キャリア通算113戦目で通算50回目のポールポジションを獲得。ドゥーハン、ストーナーのシーズン最多記録を更新すれば、ランク2位を争うランク4位のペドロサ、ランク3位のロレンソが1列目を確保、ランク2位のロッシは6番手。ランク14位の青山は、33歳の誕生日に2戦連続の公式予選2に進出して今季の最高位となる11番グリッドを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
  2. 温かいコーヒー&代表モデルの試乗 群馬県太田市のインディアン正規販売店「M.C.ファクトリ…
  3. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  4. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
ページ上部へ戻る