MotoGP Rd.17 初日:ランク4位のペドロサが今季初めて初日総合1番手に進出

スコールによりスタートが30分遅れたフリー走行2で、ランク3位のロレンソが今季10度目の1番時計。2014年王者のマルケス、ランク4位のペドロサ、ランク5位のドビツィオーソが続き、ランク14位の青山は13番手、ランク2位のロッシは15番手。ドライコンディションだったフリー走行1で今季初めての1番手発進を決めたペドロサが、今季初めて初日総合1番手に進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  2. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  3. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  4. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
ページ上部へ戻る