【新製品】チーム無限、「無限カレンダー2015」発表 11月6日から発売

無限は、卓上型カレンダー『無限カレンダー2015』を発表し、11月6日(木)から無限オンラインショップをはじめ、全国のHonda Carsと無限パーツ取扱店で発売する。

なお、一般発売に先立ち10月25日(土)・26日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催される「2014 FIA 世界ツーリングカー選手権シリーズ JVCKENWOOD日本ラウンド」での無限オフィシャルショップで先行発売が行われ、同じく鈴鹿サーキットで11月8日(土)・9日(日)に開催されるSUPER FORMULA 第7戦「第13回 JAF鈴鹿グランプリ」、ツインリンクもてぎで11月15日(土)・16日(日)に開催されるSUPER GT 第8戦「MOTEGI GT 250km RACE」での無限オフィシャルショップでも販売を行う。

以下公式サイトより

【無限カレンダー2015】
1,080円 (税抜価格1,000円) 90000-XYW-2015

形式:12枚(+表紙1枚)・プラスチックケース

サイズ:高さ130mm×幅158mm×奥行55mm(スタンド使用時ケース外寸)

▼表面/裏面
 

 

無限カレンダー2015は、「本物」だけが持つ迫力をドラスティックに表現したモータースポーツカレンダー。それぞれの月に表裏2パターンのデザインを用意し、表面にはレーシングカーの機能美に重点を置いたスタイリングで撮り下ろした「TEAM 無限」のSUPER FORMULA 『SF14』と、SUPER GT GT300クラスの『MUGEN CR-Z GT』のマシン、オリジナル電動バイクで歴史的なマン島TTレースに於いてクラス優勝を果たした『神電 蔘(しんでん さん)』のマシンを掲載。

その他にもエンジンメンテナンス等で関わりのあるSUPER GT GT500クラスの『NSX CONCEPT-GT』、WTCC(世界ツーリングカー選手権)の『Honda Civic WTCC』等のHonda勢マシンの迫力のレースシーン等、無限ならではのこだわりを表現。また、裏面には実用性を重視し、書き込み可能なシンプルなデザインを採用。 さらに可動式スタンドを採用したケースは簡単に表裏の切り替えが可能で、機能性に優れた卓上カレンダーとなっている。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る