[YAMAHA]MotoGP Rd.17 モビスター・ヤマハ・MotoGP、3連戦の最終ラウンドへ

■大会名称:MotoGP第17戦マレーシアGP
■開催日:2014年10月24日(金)1日目フリー走行、25日(土)予選、26日(日)決勝
■開催地:マレーシア/セパン
■開設:1998年
■コース長:5.548km
■サーキットレコードラップ:2分01秒415(2013年:M・マルケス)
■サーキットベストラップ:2分00秒011(2013年:M・マルケス)
■2013年の優勝者:D・ペドロサ

ヤマハが表彰台を独占した前回のフィリップアイランドで、1-2フィニッシュを決めたモビスター・ヤマハ・MotoGP。今週末はセパン・インターナショナル・サーキットで開催される第17戦マレーシアGPに出場する。

前回優勝のV・ロッシは、ランキング2位獲得を目指して意気込み十分。セパン・サーキットは得意なコースのひとつで、通算6回の優勝を含めて合計9回の表彰台を獲得。2001年に500ccクラスで初優勝し、2003年、2004年、2006年、2008年、2010年にも最高峰クラスでそれぞれ勝利をつかんでいる。

チームメイトのJ・ロレンソは、フィリップアイランドではタイヤの問題に苦しみながらもライバルたちを抑えて2位を獲得。今回のセパン・サーキットでは2012年に2位、2010年と2013年に3位を獲得して合計3回の表彰台に上っているが、未だ優勝経験はない。

セパン・インターナショナル・サーキットで初めてのグランプリが開催されたのは1999年。コース幅の広い高速コースとして知られ、そのなかに4つの低速コーナー、ふたつの長いストレート、合計10か所の中高速コーナーが設けられている。各セクションがそれぞれに異なる特徴を持つためマシン・セッティングには難しさもあるが、5.5kmのコース長や高温多湿の環境がテストコースに最も適していると言われている。身体的なコンディションをピークに保つことのできたライダーだけが、レース距離を走り切ることができるのだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る