[DUNLOP]MotoGP Rd.16 ヴィニャーレス選手が今季3勝目。タイトル争いは次戦に持ち越される

日本GPの翌週、第16戦を迎えた。舞台はオーストラリア南部の海沿いにあるフィリップアイランド。路面のグリップが高いため、タイヤへの負担が大きいサーキットだ。また、コーナーが続くセクションでは、Moto2マシンのほうがMotoGPマシンよりもスピードが上がる高速コースでもある。ダンロップは、3月に2チーム、4人のライダーによりタイヤテストを行い、フィリップアイランド用のタイヤを準備した。

フロントはもてぎと同じミディアムとハードのタイヤだが、リアには新設計されたスペシャルハードのタイヤ2種類が供給された。Moto2クラスのタイトル争いは大詰めを迎えている。目下、ランキングトップに立っているE・ラバット選手(KALEX)は、2位のM・カリオ選手(KALEX)に38点差。ラバット選手は初の“マッチポイント”を迎えていた。

予選は20度とやや涼しい中で行われ、ラバット選手が今季9度目のポールポジションを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る