[REPSOL]MotoGP Rd.16 レプソル・ホンダチームの二人は共にリタイヤ

レプソル・ホンダチームのライダーにはオーストラリアGPで厳しい日曜日だった。二人ともレースを最後まで走りきれなかった。ダニ・ペドロサはライバルによって後方から接触され、初めてのリタイヤになった。それからマルク・マルケスは早い段階でレースを終了し、バレンティーノ・ロッシに勝利をゆずった。

ポールからスタートしたマルケスは、ホルヘ・ロレンソにラインの外側から抜かれたが、オープニングラップで抜き返し、引き離した。ペドロサは第一コーナーで4位、急速にポジションを落とし、2周目に入る時には9位になっていた。6周目、アンドレア・イアンノーネが後方から襲いかかってきて、リアタイヤとリムにダメージを受け、ピットに入ることを強いられた。
マルケスは18周目まで2秒以上の差を付けレースをリードしていたが、ターン10のブレーキング時にフロントホイールがロックしてしまい、突然終了になった。

最後から2番目になる今シーズンのイベント、マレーシアGPがある1週間以内に両ライダーは改良する機会がある。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
  2. 【PR】 ビッグバイクも自転車感覚 使い勝手と信頼性に納得! 【ビッグマシン・ゼ…
  3. 【PR】 高級感は圧倒的、走りもスポーティに進化する 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  4. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
ページ上部へ戻る