【新製品】スペースプラス、買取保証が付いた新型バイクコンテナを発売

コンテナを用いたトランクルーム事業を全国展開している株式会社ランドピアの「スペースプラス」は、商材のひとつである「スペースプラスバイクコンテナ」を全面的にリニューアルし、全国的に販売する。

2007年に販売開始された「スペースプラスバイクコンテナ」は、国産バイクコンテナとしての設置・運営が400台と日本一であり、今回の改良ではドアをシャッターに変え、さびない鋼材を使用し、ボルト式で狭小地や地下駐車場などの場所でも現場組立を可能にした。
また、コンテナが不要になった際の買取保証も付属する。

以下プレスリリースより

≪製品概要≫
製品名:スペースプラスバイクコンテナ
価 格:35万円(税抜)
輸送費:5万円(税抜)※全国一律
サイズ:外寸 W1250mm×D2500mm×H2028mm
内寸:W1220mm×D2330mm×H1918mm
会社HP:http://www.landpia.co.jp/
製品HP:http://www.bikecontainer.jp/

新製品の改良点は、以下の3項目となります。

(1)扉にシャッターを採用
旧製品の開き扉では、開閉時に隣の建物や車にぶつけないよう注意する必要がありました。

(2)さびに強い鋼材を採用
全てのフレームに、太陽光架台でよく利用されている高耐食性のめっき鋼板を使用しています。

(3)フレームをボルト締めに
現場での組立を可能にする為、フレームはボルト締めとしました。完成品だとクレーンが入れない、地下や旗竿地での活用が可能となりました。

これまでの国内バイクコンテナメーカーは、販売数がそれ程多く見込めない為に生産工場が1ヶ所に限られるのが一般的でした。その為、工場から遠いと物流費が嵩むので、全国に向けた販売は難しいものがありました。

この度の「スペースプラスバイクコンテナ」では、フレームのボルト締めを始め、全ての部材をプレカットして組立てられるようにしました。その結果、組立工場を各地に点在させることで、全国的な販売が出来る体制としました。

さらに、フレームや壁材・屋根の全てにさびない鋼板を使用することで、屋外での長期利用を前提としました。これにより、業界初の“買取保証”を付けて販売することが可能となりました。買取ったバイクコンテナは、同一県内の月極駐車場に設置して、自宅にバイクコンテナを置けない方の「月極バイク駐車場」として活用させて頂きます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る