[Speed of Japan]BSB Rd.12 清成龍一、フリー走行3回目で左鎖骨骨折。公式予選と決勝レース1を欠場

ランキングトップのシェーン・バーン(Kawasaki)と12ポイント差のランキングで2位で最終戦を迎えた清成龍一は、開催2日目の午前中に行われたフリープラクティス3回目で転倒。左鎖骨を骨折し、公式予選ならびに決勝レース1を欠場した。

まだコースが完全に乾いていない状態で始まったフリープラクティス3回で清成はセッション開始直後にコースイン。アウトラップを終えて入った計時ラップ1周目のグラハムヒルベンズ(Graham Hill Bends)でハイサイド転倒。左肩を強打いたしました。自力で立ち上がりましたが、その左肩の痛みからサーキット内のメディカルセンターでレントゲン検査を行い、左鎖骨骨折と診断された。

この結果、同日開催された公式予選との決勝レース1も欠場することになった。

清成欠場で開催された決勝レース1ではバーンが転倒。ノーポイントとなり、12ポイント差のまま、明日の決勝レース2を迎えることになった。また、ランキング3位のトミー・ブライドウェル(Yamaha)との差が59ポイントのため、残り2レースを残して清成のランキング2位以上が確定をした。

なお、明日予定されている決勝レース2ならびに決勝レース3への出場は明朝の状態を見てからの判断となる予定。

photo by doublered

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る