[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.15 マルケス、日本GPで2年連続タイトル獲得

タイトル王手のM.マルケスが、第15戦日本GPで2年連続タイトルを獲得しました。大会前にタイトルの可能性を残していたのは4人。マルケスが292点。総合2位のD.ペドロサが217点(75点差)、総合3位のV.ロッシが214点(78点差)、総合4位のJ.ロレンソが202点(90点差)。

日本GPを終えるとシーズンは残り3戦となるので、2位以下に75点差をつければマルケスのタイトルが決まります。ということで、常に優勝争いを繰り広げてきた4選手のこれまでのリザルトと点差を考えれば、ロレンソは事実上タイトル争いから脱落しているので、マルケスはロッシとペドロサの前でフィニッシュすればチャンピオンが決まるというシチュエーションでした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る