[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.15 マルケス、日本GPで2年連続タイトル獲得

タイトル王手のM.マルケスが、第15戦日本GPで2年連続タイトルを獲得しました。大会前にタイトルの可能性を残していたのは4人。マルケスが292点。総合2位のD.ペドロサが217点(75点差)、総合3位のV.ロッシが214点(78点差)、総合4位のJ.ロレンソが202点(90点差)。

日本GPを終えるとシーズンは残り3戦となるので、2位以下に75点差をつければマルケスのタイトルが決まります。ということで、常に優勝争いを繰り広げてきた4選手のこれまでのリザルトと点差を考えれば、ロレンソは事実上タイトル争いから脱落しているので、マルケスはロッシとペドロサの前でフィニッシュすればチャンピオンが決まるというシチュエーションでした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る