【MotoGP】HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.125

先週末行われたばかりの日本GPに続いて、第16戦オーストラリアGPが、メルボルン郊外のフィリップアイランドサーキットで開催されました。前戦日本GPで史上最年少の2年連続ライダーズタイトルを確定させたRepsol Honda Teamのマルク・マルケス選手は、土曜午後の予選でシーズン12回目のポールポジションを獲得。日曜の決勝レースでもシーズン12回目の優勝を狙って快調にトップを走行し続けていましたが、18周目に転倒。残念ながらリタイアを余儀なくされてしまいました。

一方、年間ランキング2位を狙うチームメイトのダニ・ペドロサ選手は2列目5番グリッドからスタートし、決勝レースには必勝態勢で臨みましたが、集団の中にのみこまれてしまう展開になり、その中で後続車に後ろから追突されました。その際にリアホイールに影響が出てしまったため、ペドロサ選手はピットに戻ってレースをリタイアせざるを得ませんでした。

厳しいリザルトに終わってしまった今回のレースウイークの振り返り、そして次戦にかける意気込みについて、チーム代表のリビオ・スッポが語ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る