[KTM]MotoGP Rd.16 ミラーが7戦振りに優勝!首位とのポイント差も縮める

『2014MotoGP/第16戦オーストラリア・フィリップアイランド』。Red Bull KTM AjoからMoto3クラスに参戦した#8/Jack Miller(ジャック=ミラー)は最終ラップにトップを奪い返し、第9戦ザクセンリンク以来の優勝。今シーズン5勝目を獲得するとともに、ポイントスタンディングス首位を走るA・マルケス(ホンダ)との差を5ポイント縮めました。

チームメイトの#98/Karel Hanika(カレル=ハニカ)は初のフィリップアイランド。終始中盤でレースを戦い13位でフィニッシュしました。

ミラーは3列目からスタートすると4周目にはファステストラップをマークし、A・リンス(ホンダ)とB・ビンダー(マヒンドラ)につぐ3位にまでポジションアップ。さらに上位を狙います。11台のマシンによって形成されたトップグループのバトルは激しく、しかしミラーは常にレースの主導権を握ろうとプッシュし続けます。

速いペースをキープするトップグループは終盤には5台にまで減り、ラスト3周となったときミラーがトップに立ちますが、翌周ストレートエンドでかわされ2位に。しかし最終ラップのドゥーハン・コーナーでハードブレーキングをみせたミラーは再びトップに立ちそのままゴール。わずか1000分の29秒差での勝利でした。

地元での勝利に興奮を隠せないミラーは、友人でもあるMoto2ライダー/マーベリック・ビーニャレスからコース攻略の貴重なアドバイスを受け、それが最終ラップに実を結んだようです。

次戦/第17戦は、10月26日にマレーシアで開催されます。

■決勝結果
1, Jack Miller – KTM
2. Alex Marquez
3. Alex Rins
4, Efren Vazquez
5, John McPhee
Other KTM
11, Francesco Bagnaia
13, Karel Hanika
18, Hafiq Azmi
26, Remy Gardner
28, Olly Simpson
DNF Romano Fenati
DNF Isaac Vinales

■Moto3 ポイントスタンディングス
1, Marquez ,251
2, Miller(KTM) , 231
3, Rins , 210
4, Fenati(KTM), 174
5, Vazquez , 187

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る