【イベント】東京三軒茶屋にあるライダーズマンションが「オープンカフェ&オープンハウス」を期間限定でオープン

東京都世田谷区にあるライダーズマンション「シルバーストーン三軒茶屋」が誰でも利用できるオープンカフェ&オープンハウスを期間限定でオープンし、ライダーに開放する。期間は11月2日(日)から11月30日(日)まで。インディアン、MV AGUSTA、BMWなどの車両も展示される。時間は11:00〜15:30で、珈琲や紅茶をサービスをしてくれる。初日である11月2日(日)には落語家の桂歌若さんと紙切りの林家花さんを迎えた「ライダー寄席」も開催する。

以下プレスリリースより

ジョイント・プロパティは、ライダーズマンション「シルバーストーン三軒茶屋」で2014年11月2日(日)から11月30日(日)まで「オープンカフェ&オープンハウス」を開設致します。また、オープン初日となる11月2日(日)には、落語家の桂歌若さんと紙切りの林家花さんを迎えて「ライダー寄席」と題した演芸会を開催致します。

シルバーストーン三軒茶屋
http://www.joint-property.co.jp/bukken/ss_sangendyaya/

本物件の見学をして頂けるのはもちろん、無料であたたかいコーヒーや紅茶をお飲み頂けます。お買い物の途中に休憩でお立ち寄り頂くもよし、まだ珍しい「コンセプト賃貸(ライダーズマンション)」がどのようなものなのかと見学頂くもよし、魅力的な外国産バイクの数々をゆっくりご見学頂くもよし、入居検討の有無に関係なく、ライダー以外の方にも、お気軽にお越し頂けましたら幸いです。

■イベント概要

1) オープンカフェ&オープンハウス
・日時:2014年11月2日(日)〜11月30日(日) 毎週日曜日 11:00〜15:30
・内容:シルバーストーン三軒茶屋の見学会、
・車両展示会(インディアン、MV AGUSTA、BMWなど)
※日により展示車両が変わります。

2) ライダー寄席
・日時:2014年11月2日(日) 14:00〜15:00
・内容:桂歌若さん、林家花さんによる演芸
・入場:いずれも無料

<寄席ゲスト>

 

1) 桂歌若さん(写真左)
落語家。青森県弘前市出身。1987年3月に桂歌丸師匠に入門、1987年5月に芸名を歌若で前座、2001年5月に真打に昇進。落語芸術協会創立75周年記念アニメ「落語天女おゆい」の原作者。落語芸術協会・企画プロデューサーの肩書きで、季刊「芸協」の編集やマスコットキャラクター・バク助を誕生させる。また、いちはらFMにて「桂歌若のおはよういちはら」(毎週土曜日)にパーソナリティーとして出演するなど、様々なコンテンツで幅広く活躍中。

2) 林家花さん(写真右)
紙切り。東京都出身。生命保険会社に勤務しているときに紙切りに出会って興味を持ち、近所の顔見知りだった林家今丸師匠に1995年に入門。2000年に会社を辞め、ベルギーに遊学。帰国後、派遣社員として勤めながら紙切りの仕事もしていましたが、師匠と相談して芸に専念することに。2008年9月に浅草演芸ホールで高座デビュー。ホテルのパーティーやイベント、ワークショップなどでも活躍中。

■ライダーズマンション「シルバーストーン三軒茶屋」について
「同じ趣味を持つ仲間達と充実した豊かな生活を!」をコンセプトにした趣味と共に暮らすライダーズマンション(賃貸)。バイク置き場はもちろんのこと、ガレージツールを設置したメンテナンススペースやバイク雑誌を中心としたライブラリースペースも完備。今までになかったライダーズマンションです。

・所在地 :東京都世田谷区三軒茶屋1-9-10
・アクセス:東急田園都市線三軒茶屋駅より徒歩4分
・構造 :鉄筋コンクリート造、地上4階建て
・総戸数 :28戸(2014年10月15日現在:5戸募集中)

◆シルバーストーン三軒茶屋の詳細ページはコチラ
http://www.joint-property.co.jp/bukken/ss_sangendyaya/
◆シルバーストーン三軒茶屋のFacebookページはコチラ
https://www.facebook.com/sssantya

■お問い合わせ
株式会社ジョイント・プロパティ
所在地:東京都新宿区西新宿3-9-19
TEL :03-5304-8901(営業時間 平日 10:00〜18:00)

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る