【MotoGP】HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.124

栃木県のツインリンクもてぎで開催された第15戦日本GPは、総計7万人を超す大勢のファンが詰めかけ、大盛況の週末になりました。全24周で争われた日曜日の決勝レースでは、数多くのレースファンが固唾をのんで見守る中、Repsol Honda Teamのマルク・マルケス選手が卓越した走りを披露し、サーキット全体が興奮のるつぼと化しました。

マルケス選手はこのレースを2位でゴールし、2014年の総合優勝が決定。2013年に引き続き二輪ロードレースの世界最高峰、MotoGPのチャンピオンに輝きました。また、チームメートのダニ・ペドロサ選手は4位でゴール。ランキング2位をし烈に争っています。選手とチームが総力を結集し、Hondaのホームコースで最高の結果を獲得したこの週末の戦いを、チーム代表のリビオ・スッポが解説します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る