【新車】WR250Fが後方排気エンジンを搭載しフルモデルチェンジ

EUヤマハのウェブサイトで新型となるWR250Fが発表されました。

WR250Fはエンデューロレース用モデルとして発売されているモデル。市販車であるWR250Rとは異なり、純粋なモトクロスレース車両のYZ250F(キャブレター仕様)をベースに生産が継続されていましたが、2015年モデルで後方排気とインジェクションという革新的な機構を備えた車両へとモデルチェンジとなります。

当然、ベースはYZ250Fで、サスペンションのセッティングの変更、セルスターターの追加、エンジンの圧縮比ダウンによる耐久性と扱いやすさの向上とエンデューロ仕様へと変更されています。

逆輸入車という形で公道仕様として親しまれているモデルだけに、オフロードユーザーにとってはビックニュースですね。

以下、EUヤマハのウェブサイト意訳

ヤマハでは独自であることをよしとしてきました。ほかと違うということはヤマハのバイクを特別にするものです。この新しいWR250Fの後方排気エンジンを一目見ただけで、ある人には間違っているように見えることが、私たちにとってはまったく正しいものであることがわかります。前方に向けられた吸気インレットはトップマウントされたエアボックスと組み合わされ、フューエルインジェクションシステムに空気を送り込みます。

この革新的なエンジンは、アメリカ、欧州、オーストラリアの大会でライバルたちを打ち負かしてきたYZ250Fのものを使用しています。その力強い出力特性と超ライトなハンドリングにより、先進的なエンジンとシャシーのテクノロジーを備えた新WR250Fがいよいよエンデューロの世界へと解き放たれます。

【特徴】
・軽量、コンパクト、アジャイルな250ccの4ストロークエンジン
・YZ250Fベースの力強いフューエルインジェクション方式エンジン
・フロント側から吸気する後方排気レイアウトエンジン
・サブフレームつきのコンパクトなアルミニウム製シャシー
・ワイドレシオな6速トランスミッションとエンデューロクラッチ
・無スイッチ方式の電子スターター
・チューニング可能な「Power Tuner」をプラグイン
・中央に配置された7.5リットルの燃料タンク
・トップマウントされたリムーバブルタイプのエアフィルター
・優れたサスペンション性能
・クイックな方向転換を可能にするマスの中央集中
・18インチリアホイールにメッツラー製の「6 Days Extreme」タイヤを装着

【スペック】
■エンジン
・エンジンタイプ:単気筒水冷4ストロークエンジン、DOHC4バルブ
・排気量:250cc
・ボア、ストローク:77.0mm、53.6mm
・コンプレッションレシオ:13.5:1
・潤滑方式:ウェットサンプ
・クラッチタイプ:ウェット、マルチディスク
・燃料供給:フューエルインジェクション
・点火方式:TCI
・始動方式:電子、キック
・トランスミッション:6速

■シャシー
・フレーム:セミダブルクレードル
・懸架方式:テレスコピック
・フロントトラベル:310mm
・キャスター:26°
・トレール:114mm
・リアサスペンション方式:スイングアーム、リンクサスペンション
・リアトラベル:318mm
・フロントブレーキ:油圧シングルディスク250mm
・リアブレーキ:油圧シングルディスク245mm
・フロントタイヤ:90/90-21 54R
・リアタイヤ:130/90-18 69R

■ディメンション
・全長:2,165mm
・全幅:825mm
・全高:1,280mm
・シート高:965mm
・ホイールベース:1,485mm
・最低地上高:325mm
・ウェット重量:118kg
・タンク容量:7.5L
・オイルタンク容量:1.1L

【フォトギャラリー】
◆YAMAHA EU、新型車「YZF-R3」 ・「WR250F 2015年モデル」を発表

関連記事

ページ上部へ戻る