[DUNLOP]MotoGP Rd.15 ルティ選手がスタートトゥウィンで2年振りの優勝を飾る

アジアとオーストラリアの3連戦、フライ・アウェー・シリーズの初戦、日本グランプリを迎えた。

台風19号の動きが心配されたが、初日、2日目と晴天に恵まれ、ドライコンディションで予選は行われた。

Moto2クラスでは、スペイン人ライダーのE・ラバット選手(KALEX)がポイントリーダーに立ち、2位にはチームメイトのM・カリオ選手(KTM)が33点差で続いている。

24度という絶好のコンディションで行われた予選で、ポールポジションを獲得したのはラバット選手。最速ラップを更新する速さを記録して、今季8度目のポールシッターをつかんだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
  2. 温かいコーヒー&代表モデルの試乗 群馬県太田市のインディアン正規販売店「M.C.ファクトリ…
  3. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  4. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
ページ上部へ戻る