[DUNLOP]MotoGP Rd.15 ルティ選手がスタートトゥウィンで2年振りの優勝を飾る

アジアとオーストラリアの3連戦、フライ・アウェー・シリーズの初戦、日本グランプリを迎えた。

台風19号の動きが心配されたが、初日、2日目と晴天に恵まれ、ドライコンディションで予選は行われた。

Moto2クラスでは、スペイン人ライダーのE・ラバット選手(KALEX)がポイントリーダーに立ち、2位にはチームメイトのM・カリオ選手(KTM)が33点差で続いている。

24度という絶好のコンディションで行われた予選で、ポールポジションを獲得したのはラバット選手。最速ラップを更新する速さを記録して、今季8度目のポールシッターをつかんだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る