[DUNLOP]MotoGP Rd.15 ルティ選手がスタートトゥウィンで2年振りの優勝を飾る

アジアとオーストラリアの3連戦、フライ・アウェー・シリーズの初戦、日本グランプリを迎えた。

台風19号の動きが心配されたが、初日、2日目と晴天に恵まれ、ドライコンディションで予選は行われた。

Moto2クラスでは、スペイン人ライダーのE・ラバット選手(KALEX)がポイントリーダーに立ち、2位にはチームメイトのM・カリオ選手(KTM)が33点差で続いている。

24度という絶好のコンディションで行われた予選で、ポールポジションを獲得したのはラバット選手。最速ラップを更新する速さを記録して、今季8度目のポールシッターをつかんだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る