[SUZUKI]2015年MotoGP参戦車両GSX-RRデモラン レポート

10月10日から12日の三日間、栃木県ツインリンクもてぎで行われた2014FIM MotoGP世界ロードレース選手権シリーズ第15戦日本グランプリ。このレースに今回、2015シーズンから本格復帰を発表したチーム・スズキ・モトGPのマシンがデモランで参加。二人の世界チャンピオンによってサーキットを走る姿が披露されることとなった。

以下公式サイトより

二人のライダーとは、GP界のレジェンドであり、今年の鈴鹿8時間耐久レースには現役ライダーとして参戦も果たしたケビン・シュワンツと、1982年の世界チャンピオンであるフランコ・ウンチーニ。ウンチーニは現在、FIMの安全委員会に所属し、今回のレースではレースディレクターを務め、その職務を果たしながら、今回のデモランに参加してくれることになった。

【関連ニュース】
スズキ、MotoGP日本GPで新旧GPマシンのデモランを実施

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る