MFJ、「2014 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦」開催案内を発表

日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)とモビリティランドが主催する『2014 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第15戦 MOTUL日本グランプリ』が、栃木県茂木町のツインリンクもてぎで10月10日(金)から12日(日)までの3日間開催される。

【Webikeイベントページ】
◆2014 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦 日本グランプリ

以下プレスリリースより

昨年、史上最年少チャンピオンに輝き、今年も14戦中11勝という圧倒的な強さを見せているホンダのマルク・マルケス。
この日本グランプリで2年連続タイトル獲得が決定する可能性もあるため、今大会の一番の注目の的となっています。
一方、後半戦に入りチームメイトのダニ・ペドロサ、対するヤマハのヴァレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソらライバルもそれぞれ1勝を挙げ、マルケスの独壇場を阻止。『4強』の戦いに突入した優勝争いも目が離せない展開となっています。

【日本人参戦ライダー】
2014年は3人の日本人ライダーがフル参戦しています。

■MotoGP
○青山 博一 #7 Drive M7 Aspar
2003年全日本GP250タイトルを獲得して、2004年から世界選手権250ccに参戦開始。
同クラスで通算9度の優勝を挙げており、2009年にはチャンピオンも獲得。翌年2010年はMotoGPにステップアップ。
2012年はSBKに参戦、2013年から再び世界選手権に復帰しました。
現在最高峰クラスにフル参戦している唯一の日本人ライダーです。

■Moto2
○中上 貴晶 #30 IDEMITSU Honda Team Asia
今年チームを移籍した中上。全日本では2006年にGP125、2011年にJ-GP2のチャンピオンを獲得しています。
世界選手権には2008年から2年間GP125に参戦。2010年からは全日本に復帰するも、2012年に再び戦いの場を世界に移してMoto2クラスに参戦、2013年は2位4回、3位1回の好成績を残しました。

○長島 哲太 #45 Teluru Team JiR Webike
2013年全日本J-GP2ランキング6位。同年日本グランプリにワイルドカード参戦、本年からフル参戦を開始。
しかし、第12戦イギリスグランプリで他車の転倒に巻き込まれ負傷。現在まで欠場を余儀なくされています。

【スポット参戦ライダー】
グランプリの各開催国において特別参戦枠『ワイルドカード』が設けられています。
日本グランプリでは各クラス計5人のワイルドカードライダーが参戦。負傷代役の小山知良を加えた5人の日本人ライダーがスポット参戦します。

■MotoGP
○中須賀 克行 #21 YAMALUBE Racing Team with YSP
全日本JSB1000で4度のチャンピオンを獲得し、本年も現在ポイントリーダーの中須賀。
ヤマハのファクトリーマシンYZR-M1の開発ライダーを務めており、自らが開発したマシンでの日本グランプリへ参戦します。

MotoGPクラスへの参戦は通算5回目、3年連続のワイルドカードとなり、2012年最終戦バレンシアグランプリには2位表彰台を獲得しています。

■Moto2
○チャロンポン・ポラマイ #65 Singha Eneos Yamaha Tech3
2009年アジア選手権SS600チャンピオンのタイ人ライダー。同年から全日本ST600に参戦中で、安定して表彰台を獲得する活躍を見せ現在ランキング2位。今大会が世界選手権初参戦となります。

○高橋 裕紀 #72 Moriwaki Racing
全日本J-GP2ポイントリーダーの高橋。2005年から2013年まで9年にわたって世界選手権を戦った経験があり、中量級クラスでは通算3度優勝。昨年の第12戦イギリス以来となるMoto2参戦で再び世界舞台に挑みます。

○小山知良 #71 Teluru Team JiR Webike
アジア選手権SS600、全日本J-GP2にダブルエントリー中の小山は、長島の負傷代役として今大会から第17戦マレーシアまでの3連戦でスポット参戦が決定。
J-GP2仕様のNTSで、2012年最終戦バレンシア以来の世界選手権を戦います。

■Moto3
○山田 誓己 #31 Liberto Plusone & Endurance
2013年全日本J-GP3チャンピオン。今年はディフェンディングチャンピオンとして継続参戦中で、現在ランキングトップ。
スペイン選手権第6戦ナバラにもスポット参戦し、日本グランプリには昨年に引き続き2年連続でワイルドカード参戦します。

○大久保 光 #83 Hot Racing With i-FACTORY
全日本J-GP3に自ら立ち上げたチームから参戦中。2010年にJ-GP3チャンピオン、2012年にはアジアドリームカップの初代チャンピオンを獲得。
2011年以来2度目の日本グランプリ参戦で、漫画『ああっ女神さまっ』とコラボレーションしたカラーリングをまとい『痛バイク』となったNSF250Rを走らせます。

【大会概要】
■大会名称:
  2014 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ 第15戦『MOTUL日本グランプリ』
  2014 FIM MotoGP World Championship Round12 MOTUL Grand Prix of Japan
■主催:一財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
株式会社モビリティランド
■公認:国際モーターサイクリズム連盟(FIM)
■協力:エム・オー・スポーツクラブ(M.O.S.C.)
■後援:
文部科学省、観光庁、栃木県、茨城県、宇都宮市、さくら市、下野市、那須烏山市、日光市、真岡市、水戸市、笠間市、高萩市、常陸大宮市、茂木町、芳賀町、市貝町、高根沢町、益子町、城里町、栃木県教育委員会、宇都宮商工会議所、宇都宮観光コンベンション協会、水戸商工会議所、一般社団法人水戸観光協会
■併催:シェルアドバンス・アジア・タレントカップ
■開催日程:2014年10月10日(金)〜10月12日(日)
 ◆10月10日(金):フリー走行
 ◆10月11日(土):フリー走行/公式予選
 ◆10月12日(日):決勝レース
  Moto3 11:00スタート/Moto2 12:20スタート/MotoGP 14:00スタート
■会場:ツインリンクもてぎ
 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1 Tel. 0285-64-0001
 http://www.twinring.jp/

【関連ニュース】
◆【MotoGP日本グランプリ】10月10日(金)〜12日(日)開催!直前情報まとめ

【Webikeイベントページ】
◆2014 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦 日本グランプリ

関連記事

編集部おすすめ

  1. アルパインスターズの国内代理店である岡田商事が、東京モーターサイクルショーの会場でエアバッグ…
  2. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  3. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  4. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
ページ上部へ戻る